ワタルブログ Written by Wataru Yamazoe

除湿機

『除湿機かエアコンか?』で悩んでいますか?ジメジメした梅雨時や夏に除湿できると非常に快適ですが、どちらの除湿方法も完璧ではなく課題があります。エアコンで除湿した水は屋外に捨てられるため、実感が湧かない人も多いですが、実は、エアコンの除湿量は除湿機の比ではありません。しかし、そのためには“エアコンを動かし続けることが重要”ですが、そこには課題もあります。とは言っても、最も現実的なのはエアコンを用いた除湿なので、今回は、エアコンがある部屋ではエアコンで除湿していくための課題を解決します。

空気清浄機

寝室でおすすめの加湿空気清浄機を探していますか? しかし、結論から言うと、寝室では加湿空気清浄機はおすすめしません。寝室で加湿空気清浄機をおすすめしない理由は3つあります。これらを全て理解していれば購入は止めませんが、もし理解せずに購入すると、全く生かすことが出来ないでしょう。その3つの理由を知りたい方は、続きを読んでください。

空気清浄機

一人暮らしにおすすめな加湿空気清浄機を探していますか? 結論は『ダイソンPHシリーズ』を検討することをおすすめします。理由は4つ。【①ちゃんと部屋がきれいになる,②1度本体を買えば寿命まで使える,③お手入れが圧倒的に簡単,④設置に要するスペースは羽付き扇風機よりも省スペース】いかがですか? これだけの推薦理由が揃った加湿空気清浄機が他にありますか? 詳細を知りたい方は、本記事を読んでください。

空気清浄機

リビングでおすすめの加湿空気清浄機を探していますか? 【結論】から言うと、ダイソンのPHシリーズだけが唯一おすすめできます。リビング利用を想定した厳しい製品テストを実施している裏づけも確かですが、それ以上に、ダイソン以外の加湿空気清浄機を使うと、今以上にかえって部屋の空気を汚してしまうため、おすすめの土俵にすら上げることができません。加湿空気清浄機の選択で後悔したくない方は、読んでください。

空気清浄機

『喘息持ちの人』に有効な加湿空気清浄機を探していますか?しかし、もし、あなたが「シャープやダイキン、パナソニックなどのカタログを見ていると、どれも『カビ菌や細菌、アレル物質の抑制』ができるような事が書いてあるし、乾燥する冬は喘息がひどくなるから、加湿も一緒になっている加湿空気清浄機がいいけど、この中のどれがいいのかな?」という目線で検討しているとすると、購入後、早々に後悔するばかりか、かえって、喘息を悪化させる恐れがあります。後悔したくない方は、本記事を読んでください。

空気清浄機

自動掃除機能付きシャープの加湿空気清浄機を検討していますか?しかし、もしかして、それは“全部、自動でやってくれる”と思い込んでいませんか?【結論、自動掃除機能付きシャープの加湿空気清浄機はおすすめしません。】単に、“プレフィルター”のホコリをかき集めてくれるだけ!加湿部分や内部の掃除は、自動でやってくれません。購入後、後悔したくない方は本記事を読んでください。

空気清浄機

加湿空気清浄機を検討しているあなたは、きっと「空気清浄機も加湿器も使いたいし、別々に置くのは邪魔だから、よし、加湿空気清浄機を買おう!」と考えていますよね? やはり、できる事なら場所を取りたくないですもんね。しかし、いざ、ネットで検索すると、シャープ・ダイキン・パナソニックのモデルがいっぱい出てきますが、「この中からどれにしよう?」と考えると、購入後に痛い後悔をしますよ。本記事ではその理由を説明し、それを踏まえて、真におすすめの加湿空気清浄機を紹介します。

ダイソンフィルター

“ダイソン空気清浄機の互換品フィルターは大丈夫か?” で悩んでいますか? フィルター交換時期に差し掛かると「できるだけ安く済ませたい」と考えるのは人間の心理ですよね。でも「互換品はなんか怖いなぁ」とも思っていますよね。“結局、自分は、正規品と互換品のどっちを買うべきなんだろう?” と迷っているあなたのために書きました。

ダイソンフィルター

ダイソン空気清浄機のフィルターの捨て方に困っていませんか? 結論は、丸ごと【可燃ゴミ】でOKです。特に「樹脂製の外装部分は不燃ゴミ、残りは可燃ゴミでは?」と躊躇していると思いますが、分ける必要はありません。本記事では、環境省、つまり、国の方針も載せて裏づけをとっています。あなたが、どの自治体でも安心して捨ててください。

ダイソンフィルター

“ダイソン空気清浄機のフィルター交換サインが消えない!” と、困っていませんか? せっかく新しいフィルターに交換したのに、交換サインが消えないと焦りますよね。実は、フィルターを交換しただけでは、交換サインは消えません。旧フィルターの寿命をリセットすると、フィルター交換サインが消えます。不安がある方は必見の内容です。