ワタルブログ Written by Wataru Yamazoe

空気清浄機

『加湿空気清浄機』を購入しようとしていますか? そんなあなたに質問しますが、当然、“今よりも部屋の空気をきれいにしようとして、あるいは、自分や家族の健康に寄与するために” 購入しようと考えていますよね? もし、真剣にそう考えているなら、後悔する前に、日本の全ての加湿空気清浄機を買うのはやめましょう。理由を知りたい方は、必読です。

空気清浄機

“フィルター交換10年” の文言に「お得」「コスト不要で嬉しい」と感じていませんか? もし、そう思い込んで購入を検討しているなら、その検討・購入はやめましょう。これは、空気清浄機・加湿器における業界ぐるみの大ウソ。日本人の「維持コストが嫌」という感情に合わせたマーケティング。購入後、後悔したくない方は必読です。

空気清浄機

シャープ空気清浄機のフィルターの特徴を知りたいですか? 空気清浄機のフィルター配列順の常識は【プレフィルター→集じんフィルター→脱臭フィルター】ですが、シャープだけは世の中の常識を無視。集じんと脱臭を逆にしています。これは “完全なメーカー都合” で、その不都合を消費者は知らされていません。後悔したくない方は、どうぞ。

空気清浄機

シャープ空気清浄機の特徴を知りたいですか? 確かに、家庭用空気清浄機として、日本で最も売れているメーカーです。「空気清浄機と言えばシャープ」のブランドの強みで売れていますが、“不合理な” 構造をしているため、実は、おすすめできないメーカーの筆頭です。今回は、不合理な『背面吸い込み型』を解説。失敗したくない方、必見です。

空気清浄機

2万円台の空気清浄機を探していますか。あるいは、10畳以下くらいの空気清浄機を探していますか。 2万円台は選択肢が少ないし、“安かろう悪かろう” と言うだけに、不安ですよね。当記事では、2万円台の空気清浄機で随一のダイソン・BP01(各色)を詳細解説します。【2万円台・10畳以下・性能は高い方がいい】方は、必見です。

空気清浄機

日本の空気清浄機の “本当の” 実力を知っていますか? シャープ、ダイキン、パナソニックで実に80%程のシェア。しかし、これは “世の常” ですが、売れている事と性能が優れている事は、必ずしも一致しません。比較サイトを眺めているだけでは分からない “日本メーカーの実態” を解説。空気清浄機を検討中の方、必見です。