ワタルブログ Written by Wataru Yamazoe

空気清浄機に関する記事一覧


空気清浄機

寝室でおすすめの加湿空気清浄機を探していますか? しかし、結論から言うと、寝室では加湿空気清浄機はおすすめしません。寝室で加湿空気清浄機をおすすめしない理由は3つあります。これらを全て理解していれば購入は止めませんが、もし理解せずに購入すると、全く生かすことが出来ないでしょう。その3つの理由を知りたい方は、続きを読んでください。

空気清浄機

一人暮らしにおすすめな加湿空気清浄機を探していますか? 結論は『ダイソンPHシリーズ』を検討することをおすすめします。理由は4つ。【①ちゃんと部屋がきれいになる,②1度本体を買えば寿命まで使える,③お手入れが圧倒的に簡単,④設置に要するスペースは羽付き扇風機よりも省スペース】いかがですか? これだけの推薦理由が揃った加湿空気清浄機が他にありますか? 詳細を知りたい方は、本記事を読んでください。

空気清浄機

リビングでおすすめの加湿空気清浄機を探していますか? 【結論】から言うと、ダイソンのPHシリーズだけが唯一おすすめできます。リビング利用を想定した厳しい製品テストを実施している裏づけも確かですが、それ以上に、ダイソン以外の加湿空気清浄機を使うと、今以上にかえって部屋の空気を汚してしまうため、おすすめの土俵にすら上げることができません。加湿空気清浄機の選択で後悔したくない方は、読んでください。

空気清浄機

『喘息持ちの人』に有効な加湿空気清浄機を探していますか?しかし、もし、あなたが「シャープやダイキン、パナソニックなどのカタログを見ていると、どれも『カビ菌や細菌、アレル物質の抑制』ができるような事が書いてあるし、乾燥する冬は喘息がひどくなるから、加湿も一緒になっている加湿空気清浄機がいいけど、この中のどれがいいのかな?」という目線で検討しているとすると、購入後、早々に後悔するばかりか、かえって、喘息を悪化させる恐れがあります。後悔したくない方は、本記事を読んでください。

空気清浄機

自動掃除機能付きシャープの加湿空気清浄機を検討していますか?しかし、もしかして、それは“全部、自動でやってくれる”と思い込んでいませんか?【結論、自動掃除機能付きシャープの加湿空気清浄機はおすすめしません。】単に、“プレフィルター”のホコリをかき集めてくれるだけ!加湿部分や内部の掃除は、自動でやってくれません。購入後、後悔したくない方は本記事を読んでください。

空気清浄機

加湿空気清浄機を検討しているあなたは、きっと「空気清浄機も加湿器も使いたいし、別々に置くのは邪魔だから、よし、加湿空気清浄機を買おう!」と考えていますよね? やはり、できる事なら場所を取りたくないですもんね。しかし、いざ、ネットで検索すると、シャープ・ダイキン・パナソニックのモデルがいっぱい出てきますが、「この中からどれにしよう?」と考えると、購入後に痛い後悔をしますよ。本記事ではその理由を説明し、それを踏まえて、真におすすめの加湿空気清浄機を紹介します。

空気清浄機

『低予算でコスパ最高』の空気清浄機を探していますか?低予算だからと言って、ネットでランキングを見て、有名な日本メーカーの空気清浄機を適当にポチったり、お店で価格だけを見て買うと、後で必ず後悔します。今回は、ダイソンのTP04WSNを紹介します。“限られた低予算でも、空気清浄機の性能に妥協したくない” 方は必見です。

空気清浄機

『加湿空気清浄機』を購入しようとしていますか? そんなあなたに質問しますが、当然、“今よりも部屋の空気をきれいにしようとして、あるいは、自分や家族の健康に寄与するために” 購入しようと考えていますよね? もし、真剣にそう考えているなら、後悔する前に、日本の全ての加湿空気清浄機を買うのはやめましょう。理由を知りたい方は、必読です。

空気清浄機

“フィルター交換10年” の文言に「お得」「コスト不要で嬉しい」と感じていませんか? もし、そう思い込んで購入を検討しているなら、その検討・購入はやめましょう。これは、空気清浄機・加湿器における業界ぐるみの大ウソ。日本人の「維持コストが嫌」という感情に合わせたマーケティング。購入後、後悔したくない方は必読です。

空気清浄機

シャープ空気清浄機のフィルターの特徴を知りたいですか? 空気清浄機のフィルター配列順の常識は【プレフィルター→集じんフィルター→脱臭フィルター】ですが、シャープだけは世の中の常識を無視。集じんと脱臭を逆にしています。これは “完全なメーカー都合” で、その不都合を消費者は知らされていません。後悔したくない方は、どうぞ。