ワタルブログ Written by Wataru Yamazoe

今より空気をきれいにしたければ、日本の加湿空気清浄機は買うな!

空気清浄機

 

日本メーカーの加湿空気清浄機の購入を検討している人「空気清浄機と加湿器が1台で済むから便利だよなぁ。掃除は大変なのかなぁ。どれを選べばいいんだろう。」

こういった疑問に答えます。

この記事を書いた人

空気清浄機、加湿器、除湿機など空調家電のエキスパート。現在も、空調家電販売の第一線で活躍中。

“空気” が大好きで、休みの日でも勉強や追求に余念がない。

根が “健康オタク” でもあるため、「空調家電は健康や命に直結する」と一貫して主張し、衛生的に配慮のない製品には、「使う価値がない」と厳しく意義を唱える。

 

今より空気をきれいにしたければ、日本の加湿空気清浄機は買うな!


日本の加湿空気清浄機を使うと、かえって、今よりも部屋の空気を汚してしまうからです。

今回は、その理由を 『カビ・雑菌』 をトピックにして説明します。

空気清浄機は、空気の掃除機

空気清浄機の役割は、空気の掃除機

そして、空気清浄機の集じんフィルターは、掃除機で言うと、紙パックに該当します。

集じんフィルターには、当然、室内のカビや、バクテリアや病原体などの雑菌なども集められてきます。

こうしたカビや雑菌などの微生物は、以下の3つがあれば、どんどん増殖していきます。

カビや雑菌を増殖させてしまう3要素

  • 適度な温度
  • 養分
  • 湿度

1)適度な温度

本体内部は、モーター等の排熱があるため、室内温度よりも温かくなりやすいです。

2)養分

フィルターには、人間が生活する空間で稼働させる以上、有機物の粉塵も集まってきます。

  • 人から剥がれた皮膚や垢(あか)
  • 食品カス
  • 調理で出た油煙など

言わば、集積したカビや雑菌に、養分(=栄養)が運ばれていきます。

3)湿度

仮に、日本メーカーの加湿空気清浄機を使う場合でも、“加湿機能を一切使わないならば”、この湿度の心配は、あまり必要ありません。

しかし、今回テーマの 日本メーカーの加湿空気清浄機を買う方は、ほぼ全ての人が加湿機能も使うので、その例外には当たりません。

本体内部に、

  • 水トレイ
  • 加湿フィルター

を備えているため、空気清浄機内部は、常に “多湿状態”

カビや雑菌が、爆発的に増える土壌になります。

もっとも、幾ら日本の加湿空気清浄機が良くないと言っても、『カビの繁殖』に打ち勝つ衛生的な構造をしているならば、利用する価値はあります。

しかし、残念ながら、日本の加湿空気清浄機の構造はそうなっていません。

衛生的に相性の悪い『空気清浄機と加湿器』とを、単純にくっつけただけの製品です。

日本の加湿空気清浄機が、カビ・雑菌の繁殖になす術なく負けてしまう理由

その理由が、大きく分けて3つあります。

  • 加湿に用いる水を気休め程度の除菌しかしていない
  • 内部で、集じんした汚染物質と多湿の接触がフリーパス状態
  • 【加湿トレーの収納部〜風路】が一切掃除ができない

1)加湿に用いる水を気休め程度の除菌しかしていない

銀イオンを始めとした除菌カートリッジや、加湿フィルターに施してある抗菌・防カビ程度では役に立ちません。

製品化されている除菌力程度では、カビ・雑菌の繁殖は抑えられません。

抑えられないからこそ、

  • 赤カビ
  • ぬめり
  • 悪臭

で、みんな頭を悩ますのです。

除菌力が高い薬剤は、薬害が怖くて使えない

人が生活する居住空間において、除菌力が強い薬剤を気化させることは、薬害による健康リスクを高めます。

そのため、

メーカー側は『薬害』(事件や訴訟)を恐れて、カビ・雑菌に効果が高い濃度に高めた除菌剤を搭載させられません。
  • 除菌力が強すぎる→薬害に
  • 除菌力が弱すぎる→カビ・雑菌が大量繁殖

結局、これが日本の加湿空気清浄機の『水の除菌に関する』限界です。

2)内部で、集じんした汚染物質と多湿の接触がフリーパス状態

これは、シャープ以外の日本メーカーの場合、脱臭フィルターがスカスカのため起こる現象です。

これは、パナソニックの脱臭フィルターです。

シャープ以外の日本メーカーの場合、脱臭フィルターは、集じんフィルターと加湿フィルターの間にあります。


引用:パナソニック/空気清浄機カタログ

言うまでもなく、脱臭フィルターの最大の目的は空気の脱臭を行うことですが、実は、加湿空気清浄機の場合、もう一つ重要な役割があります。

それは、

脱臭フィルターが間に入り、手前の集じんフィルターに捕集された汚染物質と奥の加湿フィルターによる多湿とが、接触しないようにバリアすること

です。

そのため、本来、脱臭フィルターにも密度があるべきですが、上記の写真のように、スカスカな脱臭フィルターだと、“あってないようなもの”

したがって、

手前の汚染物質と奥の多湿の接触が、フリーパス状態

となるため、爆発的にカビや雑菌が繁殖してしまいます。

加湿フィルターや水トレーも、ほこりまみれになってしまうのはそれが一因で、脱臭フィルターがスカスカのため、漏れた汚染物質が加湿部分にまで達してしまいます

シャープだけは、汚染物質と多湿がお隣さん

シャープだけは、集じんフィルターと脱臭フィルターの順番が


引用:シャープ空気清浄機•HP

【シャープのフィルター配列】
脱臭フィルター→集じんフィルター→加湿フィルター
【その他のメーカーのフィルター配列】
集じんフィルター→脱臭フィルター→加湿フィルター

上述のパナソニックのように、他のメーカーもスカスカな脱臭フィルターなので、“あってないようなもの” ですが、

シャープの場合、もろに集じんフィルターと加湿フィルターがお隣さんのため、他のメーカー以上にカビや雑菌が繁殖しやすくなります。

3)【加湿トレー収納部〜風路】が一切掃除ができない

これは、シャープ加湿空気清浄機の水トレイを抜き出した内部写真です。

日本の加湿空気清浄機では、自分で掃除ができるのは、

  • 水トレイ
  • 水タンク
  • 加湿フィルター

にとどまります。

この水トレイが収納されていた内部はもちろん、その先の吹き出し口
にかけての風路は、一切、掃除ができません。

手のひらを突っ込む事しかできない狭い空間だからです。

風路が、カビや雑菌だらけでは使えば使う程、部屋にそれらをばら撒いてしまいます。

それに、加湿フィルターの横は、カビや雑菌などが集まってくる集じんフィルター

それが、密接した状態で密閉されていますから、

カビが生えない方が、おかしい構造。

したがって、日本の加湿空気清浄機は、“加湿機能を使う前提なら” 買わない・使わないに限ります。

使えば使うほど、部屋にばら撒かれるカビや雑菌

これまでの説明で、“日本メーカーの加湿空気清浄機内部が、いかにカビや雑菌が繁殖しやすいか” が分かったと思います。

  • 繁殖したカビの胞子
  • 増殖した雑菌
  • カビ臭いにおい

こうしたものが、ファンに回されて、部屋中にばら撒かれます。

それを締め切った部屋で動かし続けるので、恐ろしいです。

かえって、病気になるリスクを高めます。

買わない、使わない方がマシです。

最も考えるべきは、衛生的に使い続けられるかどうか?

「空気清浄機」という名前に、ごまかされるな!

「空気清浄機と名がつく以上、どれを使っても、大なり小なり空気をきれいにしてくれる」

と、信じて疑わない人がほとんどです。

しかし、それは明らかな妄想です。

今まで説明したように、日本メーカーの加湿空気清浄機の実態なんて、こんなものです。

カビ・雑菌の自動ばら撒き装置。
空気清浄機と名乗る資格など、全くありません。

消費者を泣かせて、自分たちが儲ける構図です。

日本メーカーの加湿空気清浄機が、消費者泣かせでメーカーが大儲けする構図になる理由

その理由を3つ紹介します。

1)日本メーカーは、日本人のニーズをよく知っている

当然ですが、日本メーカーは、何十年も日本人を相手に商売をしています。

老舗のシャープ、ダイキン、パナソニックともなれば、尚更です。

そのため、日本人の空気清浄機に対するニーズは、よく熟知しています。

【空気清浄機を検討する日本人のパターン】

  • 「部屋が狭いし、置く場所がないなぁ」
  • 「出来るだけ、コンパクトなものがいいなぁ」
  • 「空気清浄機と加湿器は、1つで済ませたいなぁ」

こうした『マーケティングニーズ』、『国民性』を熟知しているため、単に “求めているものを作る” というスタンスです。

当然よく売れますし、消費者の求めているものを提供しているため、一見、良いことのように見えます。

しかし、「加湿空気清浄機を買うと、置き場所が1つで済みますよ!」と省スペース性ばかりアピールし、

“臭いものには蓋を”のスタンスで、

肝心のカビや雑菌などが爆発的に繁殖して、衛生的な観点で使い物にならない現実には、全く触れません。

売れたらいい、というスタンスです。

2)空気清浄機と加湿器の一体型の方が、単価も上げやすい

当然、商売たるもの、1台あたりの単価が高くなる方が、メーカーは喜びます。

3)購入後、不衛生だと思われたしても、また、短いサイクルでリピートが生まれる

日本メーカーの加湿空気清浄機を使っていると、早い人だと1ヶ月〜1シーズンで下記のような症状が出てきます。

  • 出てくる風がカビ臭くなってきた
  • 加湿フィルターが雑巾みたいな臭いがしてきた
  • 水トレイに、赤カビやぬめりが目立ってきた

こうした症状に違和感を持った健全な方は、

  • フィルターを一式買い替える
  • 本体ごと新しいものを買う

という形で、本体の寿命を待つことなく、フィルターや本体を買い換えようとします。

当然、本体自体は何の問題もなく動きますが、不衛生で気持ち悪くて、使いたくなくなるのです。

そして、消費者はそれを教訓とせず、カビが生えるに決まっている構造に疑いも持たずに、

「前回は、自分の管理が悪かったのかな」
「今度は、ちゃんと掃除しよう」

という形で、また同じ悲劇を繰り返していきます。

苦労せずして、日本メーカーが儲け続ける構図です。
 

【参考記事】所詮、日本の空気清浄機のレベルはこの程度です

日本の空気清浄機の “本当の” 実力を知りたいですか? シャープ、ダイキン、パナソニックだけで実に80%程のシェア。しかし、これは “世の常” ですが、売れている事と性能が優れている事とは、必ずしも一致しません。比較サイトを眺めているだけでは分からない “日本メーカーの実態” を暴露。空気清浄機を検討中の方、必見です。

» この記事を読む

 

かえって、日本の加湿空気清浄機を使わない方が、室内の空気はきれい

当たり前だが、誰もが、今よりも部屋の空気をきれいにしたいはず

下の図を見てください。

本来、今よりも部屋の空気をきれいにしてくれるはずなのに、日本の加湿空気清浄機は、かえって、部屋の空気を汚してしまいます。

  • 自分や家族の健康を増進するため
  • 健やかな空気がある部屋で、過ごすため

あなたはもちろん、誰もが、こうした目的のために空気清浄機を買ったり使ったりするはずです。

にもかかわらず、こんな足を引っ張る加湿空気清浄機を使ってはいけません。

「掃除をしっかりしたらいいんでしょ?」は間違い

誰もが、購入時は意欲が高いため、「しっかり掃除をする」 と言います。

しかし、

いくら、マメに掃除し続けたとしてもムダ

です。

まず、日頃の掃除の大変さに、ほとんどの方は挫折する

以下は、三大メーカーの加湿空気清浄機の代表的なモデルのお手入れです。


 

見るからに、面倒くさいですよね!!

また、

日頃、これだけの掃除をマメにやり続けるだけでも、相当な時間のムダ。

なぜなら、たとえ、これだけの掃除をマメにやり続けたとしても、

無惨にも1シーズンもすれば、本体内部は “カビ・雑菌・悪臭だらけ”

になります。

それは、先ほど、前半で説明した通りです。

こんなバカバカしい日本の加湿空気清浄機は、今後、選ばないようにしましょう。

本日は、以上です。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
 

【参考記事】【断言】加湿空気清浄機のおすすめNO.1は、ダイソンのPHシリーズ

加湿空気清浄機を検討しているあなたは、きっと「空気清浄機も加湿器も使いたいし、別々に置くのは邪魔だから、よし、加湿空気清浄機を買おう!」と考えていますよね? やはり、できる事なら場所を取りたくないですもんね。しかし、いざ、ネットで検索すると、シャープ・ダイキン・パナソニックのモデルがいっぱい出てきますが、「この中からどれにしよう?」と考えると、購入後に痛い後悔をしますよ。本記事ではその理由を説明し、それを踏まえて、真におすすめの加湿空気清浄機を紹介します。

» この記事を読む