ワタルブログ Written by Wataru Yamazoe

衛生的・手入れも簡単な加湿器は、ダイソン『MF01』がおすすめ

加湿器

 

衛生的・手入れも簡単な加湿器が知りたい人「衛生的で手入れも簡単な加湿器が欲しいなぁ。おしゃれな加湿器がいいなぁ。フィルターとかカートリッジとか、継続的にお金がかからないものがいいなぁ。」

こういった疑問に答えます。

この記事を書いた人

空気清浄機、加湿器、除湿機など空調家電のエキスパート。現在も、空調家電販売の第一線で活躍中。

“空気” が大好きで、休みの日でも勉強や追求に余念がない。

根が “健康オタク” でもあるため、「空調家電は健康や命に直結する」と一貫して主張し、衛生的に配慮のない製品には、「使う価値がない」と厳しく意義を唱える。

 

ダイソン『MF01』は、衛生的・手入れも簡単な加湿器

加湿に用いる水に『UV-C』ライトをくまなく直接照射し、除菌します。

3分間で、水の中に潜むバクテリア99.9%除菌します。
【言葉の理解】
“バクテリア”は『細菌』の英語であるbacteriaから来ています。
『バクテリア=細菌』です。

UV-Cとは?


引用:気象庁

太陽からの日射は、波長により、

  • 赤外線
  • 可視光線
  • 紫外線

に分類されます。

その内、紫外線を通称「UV」と呼びます。

また、紫外線(UV)も、波長の長い順から、A・B・Cと分類されます。

【紫外線(UV)の分類】
(波長が長い)A→B→C(波長が短い)

■紫外線(UV)の中で最も波長が短いもの『UV-C』と言います。

UV-C(=深紫外線)をさらに詳しく

紫外線は可視光線よりも波長が短い光で、特に100~400nmの波長域のものを指します。波長別に315~400nmの「UV-A」、280~315nmの「UV-B」、100~280nmの「UV-C」(深紫外)の3種類に分類されます。このうち最もエネルギーが高く、生体に対する強い破壊力を持つのがUV-Cで、その特性を活かし、医療機器や工場、研究機関、食品分野など主に業務用の殺菌や検査用途に利用されており、生活面でもトイレ、キッチン、調理器具などの殺菌・消臭や水の浄化、空気の除菌などで使用されています。「生物のDNAは、自然界には存在しない280nm以下の光を浴びると破壊される」という特性により、細菌やウィルスなどを効果的に殺菌・無害化できます。
引用:深紫外線とは

特徴を抜粋すると、

  • 最もエネルギーが高く、生体に対する強い破壊力を持つUV-C
  • 主に業務用の殺菌や検査用途、生活面でも幅広い応用がされている
  • 「生物のDNAは、自然界には存在しない280nm以下の光を浴びると破壊される」特性

特筆すべきは、

「生物のDNAは、自然界には存在しない280nm以下の光を浴びると破壊される」特性

DNAを破壊、つまり、バクテリアの存在自体を消し去ってしまう手法です。

3分間の除菌時間で、UV-Cは2つの工程で2度照射している

  • ステージ2:リル
  • ステージ3:圧力変換室

■ステージ2:リル
タンクから送り込まれた水を、ゼロベースから一気に99.9%除菌まで達します。

■ステージ3:圧力変換室
超音波で水を細かくミストに砕く前の水を、更にもう一度、UV-Cを照射して除菌。

つまり、

一度、99.9%まで除菌した水を、更にもう一度、くまなく除菌します。

こうして、

念入りな2度の除菌により、99.9%のバクテリアが取り除かれた衛生的なミストを出します。

世の中のほとんどの加湿器は、雑菌大量繁殖・自動ばら撒き装置

除菌されてない水を加湿に使う

正直、世の中のほとんどの加湿器は、使わない方がマシと言えます。

銀イオンを始めとした除菌カートリッジでは役に立たない

銀イオンや除菌カートリッジでは、雑菌の繁殖は抑えられません。

抑えられないからこそ、

  • 赤カビ
  • ぬめり
  • 悪臭

で、みんな頭を悩ますのです。

除菌力が高い薬剤は、薬害が怖くて使えない

人が生活する居住空間において、除菌力が強い薬剤を気化させることは、薬害による健康リスクを高めます。

そのため、

メーカー側は『薬害』(事件や訴訟)を恐れて、効果が高い除菌剤を搭載させられません。
  • 除菌力が強すぎる→薬害に
  • 除菌力が弱すぎる→雑菌が大量繁殖して、加湿器病
    『加湿器病』は後述

結局、これが世の中のほとんどの加湿器の限界です。

バクテリアの温床になりうると自覚し、メーカーの甘い宣伝文句に踊らされず、自分で念入りに掃除し続けるしかありません。

しかし、

一方、今回紹介しているダイソンのMF01BNは、

3分間で、水の中に潜むバクテリア99.9%除菌します。

加湿器の最大の問題点は、吹き出す物が湿った風や微小な水滴であること

それは、タンク内の水をそのまま部屋に撒き散らかすことです。

しかし、

それ以上に深刻なのは、その水は、自分たちが呼吸によって吸い込むことです。

汚染された液体と気体の体への影響の違い


引用:MF01カタログ

上記のイラストの右のように、

液体として取り込まれた汚染物質は、消化器官と腎臓でろ過されます。

しかし、加湿器が出す水滴や風は『空気』に混ざるので、イラストの左のように、我々が吸い込む元となる空気に汚染物質が混じっていると、

肺の毛細血管に到達し、血液の中に入り込みます。

つまり、空気は、液体と違い、消化器官や腎臓を通らず、

直接、肺や血液に入り込む。

言うなれば、もろに風邪はもちろん、病気になりやすい引き金となります。

加湿器の最大の敵は、レジオネラ菌

加湿器内で発生する雑菌で最も有名なものは、「レジオネラ菌」です。

手入れを怠ると大量繁殖し、レジオネラ菌が混じった加湿器が出した空気を吸い込むと、風を引くだけではなく、大事に至れば、肺炎や、それこそ死亡することも、大いにあります。


引用:加湿器のレジオネラ菌で死亡

レジオネラ菌とは?

レジオネラ菌は、寄生性の細菌(細胞内増殖菌)です。

自然界では、アメーバ等(原生生物)に寄生していますが、人の体内に入り込むと白血球(マクロファージ)内で増殖する事が可能です。

本来は、自然界の淡水(池、河川等)や湿った土壌等に生息する細菌ですが、

人間の生活圏では、

  • ビルの冷却塔
  • 温泉施設(循環式浴槽)
  • 給湯器の水
  • 噴水
  • 加湿器

などで確認されています。

一旦感染すると、タチの悪い細菌

【レジオネラ菌の特徴】

  • 酸や熱に強い(酸性(PH3)や高温(50-55℃)への耐性もある)
  • 消毒剤が効きづらい(通常、アメーバ等に寄生しているため)
  • 細胞内増殖性のため、マクロファージ内でも増殖する

「マクロファージ内でも、増殖する」とは、

つまり、

一旦感染すると、体の免疫システムだけで抑え込むのが難しいタチの悪い細菌。

それが、レジオネラ菌です。

タンク内に、ぬめりを見つけたら要注意

ぬめりの正体は、バクテリアの集落「コロニー」です。

レジオネラ菌は、コロニーに寄生する事で繁殖します。

『加湿器病』とは?

加湿器が原因でかかる病気のことを「加湿器病」(加湿器肺炎)と呼び、正式には「過敏性肺臓炎」と言います。

»加湿器肺炎とは?

前述したレジオネラ菌を原因とした肺炎も、加湿器病の一つ。

しかし、

『過敏性肺臓炎(通称:加湿器病)』はアレルギー疾患のため『総称』であり、原因がレジオネラ菌だけとは限りません。
  • 他の雑菌や微生物
  • 殺菌用に利用される薬品類やアロマの薬害
  • 水道水に含まれる塩素

人によっては、こうしたものがアレルギー疾患の引き金となる場合もあります。

一般的には、『風邪』に似た症状が多いですが、重度の場合は呼吸困難から死に至らしめます。

MF01BNの基本情報と性能面の特徴


【MF01BNの基本情報と性能面の特徴】
製品名
Dyson Hygienic Mist
型式
MF01BN
ブラック/ニッケル
通常価格
53,680円(税込)
加湿能力
300ml/h
適用床面積
5〜8畳
バクテリア除菌率
99.9%
水の除菌にかかる時間
3分
自動湿度設定
湿度設定
30〜70%
扇風機モード
(加湿なし)
風量調整
10段階
OFFタイマー
15分
30分
45分
1〜9時間
消費電力
【扇風機のみ】
6〜40W
【加湿】
35〜55W
運転音
22.7〜46.6dB
タンクの容量
2.84ℓ
本体サイズ
高さ:57.9cm
横:24.0cm
奥行き:22.2cm
本体質量
3.53kg
コードの長さ
2.0m

ダイソン公式ストア限定の『MF01BN』は、ブラックニッケルでおしゃれ

通常価格は53,680円(税込)だが、不定期に安くなることがある

3万円〜4万円台(税込)で購入できる時もあります。

公式ストア限定カラーなので、通常価格よりも安くなっていたら買い時です。

温度・湿度に応じた自動制御機能がある


加湿器内部の衛生さの重要性は、重ねて説明してきました。

しかし、快適に過ごすにはそれだけでは不十分で、

ダイソン『MF01』は、

室内の温度・湿度に応じた加湿量の自動制御機能にもこだわっています。
  • 過ごしやすい快適な体感温度・湿度を保つ
  • 快適で衛生的な室内環境を保つ

世間のほとんどの加湿器には、温度・湿度に応じた加湿量の自動制御機能がありません。

暖房と、自動制御しない一定ペースの加湿器の長時間に渡る併用により、

かえって、室内を高温多湿にしてしまっているケースが非常に多いです。

つまり、温度・湿度が制御されないと、

  • 不快指数が上がる(蒸し暑さを感じる度合い
  • 冬にも関わらず、室内に、カビが生えやすくなる

といったいった問題が出てきます。

MF01の衛生・快適面の3つの魅力

  • 【加湿器内部】3分間で、水に潜むバクテリアを99.9%除菌
  • 【室内環境】温度・湿度に応じた加湿量の自動制御機能
  • 【体感温度】温度・湿度の自動制御により、不快指数が下がる

ここまでこだわった加湿器は、ダイソン以外にはありません。

フィルターやカートリッジ不要! 継続コストは全くかかりません


標準使用期間10年の間、何も交換するパーツはありません。

巷の加湿器の適用床面積ばかり見ていると、だまされる

僕のブログで頻繁に登場する『一般社団法人 日本電気工業会』。

ここが、『定格加湿能力と適用床面積』 という“手を抜いた”基準を設けています。

普通、消費者の感覚だと、適用床面積が8畳や15畳と書いてあれば、

「8畳イケるんだ」
「15畳イケるんだ」

と思うと思います。

また、自ずと、

「8畳がちゃんと加湿できるんだ」
「15畳がちゃんと加湿できるんだ」

と思うと思います。

しかし、それは、完全に間違った思い込みをさせられています。

定格加湿能力のワナ

上記の表の『適用床面積』 は、単に定格加湿能力から形式的に当てはめただけです。

どういうことか?

そもそも、『定格加湿能力』という数値は、

対象となる加湿器が、1時間の最大運転で、どれだけ水を気化させられるか?

を示したもの。

すなわち、

どれだけタンクの水を減らせるか(=外に出せるか)パワーのバロメーター

これが、定格加湿能力です。

そして、

個々の定格加湿能力の能力順に、形式的に、適用床面積を当てはめているだけ。

したがって、適用床面積は、その畳数の部屋が加湿される目安の数値でも何でもありません。

なぜなら、ダイソン以外のほとんどの加湿器は、本体の周りしか加湿されないからです。

それは、潤いが広がらないからです

気化させた潤いが、写真のように上部に出るだけです。

たとえ、カタログや宣伝文で、8畳や15畳対応と書いてあったところで、これで、“8畳や15畳をくまなく加湿できている” と言えますか?

ダイソンのMF01は同じ300mlの加湿量でも、他とは広がりが違う

扇風機の機能も有したダイソンの特徴が、潤いの広がりに寄与しています。

■Air Multiplier™テクノロジー

  • 周囲の空気を巻き込み、部屋全体にミストを送り出す
  • 1秒間に、最大330Lの加速された空気でミストを素早く、均一に届ける

もちろん、常に最大風量を出し続ける必要はありません。

状況に応じて、風量を使い分ける

例えば、

  • 自分のそばで潤いだけ欲しい時→風量1
  • しっかり、潤いを部屋に広げたい時→風量10

といったように、うまく使い分けてみてください。

加湿のオフシーズンは、扇風機としても使える

首振り機能はありませんが、ありきたりな巷の扇風機よりも、よっぽど風量が強いです。

年間を通して、活躍させられるのも大きな魅力です。

ダイソン公式ストア限定の『MF01BN』はこちらから買えます


ダイソン/加湿器

本日は、以上です。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。