喘息の方におすすめできる加湿空気清浄機はダイソンPHシリーズだけ

喘息持ちの人に有効な加湿空気清浄機が知りたい人

喘息がつらくて息苦しいから、せめて、加湿空気清浄機で空気をきれいにしたいなぁ。
シャープ,ダイキン,パナソニックなどのカタログを見ていると、どれも同じような事が書いてあるけど、どれがいいのかなぁ。
あと、いつも乾燥する冬は喘息がひどくなるから、加湿も一緒になっている加湿空気清浄機がいいな。
喘息持ちの人におすすめな加湿空気清浄機はどれなのかなぁ。

こういった疑問に答えます。

この記事を書いた人
ワタル
  • 空気清浄機、加湿器、除湿機など空調家電のエキスパート。
  • 現在も、空調家電販売の第一線で活躍中。
  • “空気” が大好きで、休みの日でも勉強や追求に余念がない。
  • 根が “健康オタク” でもあるため、「空調家電は健康や命に直結する」と一貫して主張し、衛生的に配慮のない製品には「使う価値がない」と厳しく意義を唱える。
目次

喘息の方におすすめできる加湿空気清浄機はダイソンPHシリーズだけ

正直にはっきり言いますが、

喘息の持病をお持ちの方は、ダイソンPHシリーズ以外の加湿空気清浄機を使うと、購入後、早々に後悔するばかりか、かえって、健康を悪化させる恐れさえあります。

注)ダイソンPHシリーズ以外の加湿空気清浄機とは、日本メーカーの全ての加湿空気清浄機の事です。

もっとも、喘息の持病を持っていなくても、

「空気清浄も加湿も一緒にできる加湿空気清浄機で、今よりも部屋の空気をきれいにしたい」

望む人の気持ちは一緒なので、

僕は、PHシリーズは、加湿空気清浄機を検討する全ての方におすすめしています。

早速、そのダイソンPHシリーズの内容を知りたい方は、参考記事を読んでください。

こちらに独立させて、詳しく解説しています。

一方、

なぜ、喘息の持病をお持ちの方が、ダイソンPHシリーズ以外の加湿空気清浄機を使うと、購入後、早々に後悔するばかりか、かえって、健康を悪化させる恐れさえあるのか?

この理由を知りたい方は、今から順に解説するのでこのまま読み進めてください。

【3つの理由】喘息の方には、日本の全ての加湿空気清浄機はおすすめできない(おすすめできないどころか、使えば、かえって喘息が悪化する

まず、先に3つの理由の要点を示します。

喘息の方にはおすすめできない3つの理由
  • 【理由1】日本の空気清浄機は、本体とフィルターとの間に密閉性がなく汚染物質が漏れまくるため
  • 【理由2】日本の加湿空気清浄機は、カビを大量発生させてしまうため
  • 【理由3】発生するオゾンは、ダイレクトに喘息を悪化させるため

では、1つずつ説明していきます。

【理由1】日本の空気清浄機は、本体とフィルターとの間に密閉性がなく汚染物質が漏れまくるため

当然ですが、明るい部屋だと空気の動きは見えません。

それでも、ダイソンのように誠実に技術しているメーカーもあれば、

逆に、“見えない”ことをいい事に日本メーカーのようにいい加減に作り、カタログ等で綺麗事ばかり並べる巧妙なメーカーも数知れず。

明るい部屋だと見えませんが、逆に、暗い部屋だと空気の動きが見えます。

数年前、主要4社の空気清浄機を暗室に並べ、空気清浄能力の実態を明るみにするCMがありました。

主要4社とは、ダイソン,シャープ,パナソニック,ダイキンの事です。

真っ暗の空間にすると、コントラストで白煙(=様々なサイズの微粒子を混ぜた液体をスモークマシーンで煙化させたもの)の動きが分かるので、

空気清浄機が吸い込んだ微粒子をいかに漏らさずに本体内部に密閉できているか、あるいは、実は、いかに漏らしてしまっているか?が顕に分かります。

どうぞ、ご覧ください。

いかがでしたか?

これが現実です。

シャープ,ダイキン,パナソニックなどの空気清浄機は、本体とフィルターとの間がスキマだらけ。

密閉性がないため、花粉程度の汚染物質ですらも漏らしまくる散状です。

特筆すべきは、この動画に登場したダイソン製品です。

【フィルター+本体】の密閉率が、ダイソンと日本メーカーでは大違い。

なお、この動画では『PM0.25〜60』という割と大きめの微粒子をスモーク化させて検証しています。
(PM0.25=1mmの4,000分の1、PM60=1mmの約16分の1)

シャープ,ダイキン,パナソニックなどの空気清浄機この程度の大きさでも漏らしまくりますが、

ダイソン空気清浄機は『PM0.25〜60』よりも遥かに小さい『注)PM0.1(1mmの10,000分の1)』という超微小粒子状物質のみを用いた試験で、

最新の加湿空気清浄機・PH03/04なら【フィルター+本体】99.98%も密閉してしまいます。

注)PM0.1=ウイルスと同等サイズ

ダイソン空気清浄機の圧倒的な密閉性

ウイルスと同等サイズのPM0.1クラスすらほとんど密閉してしまうわけですから、それよりも粒子径が大きいハウスダスト(例:花粉,ホコリ,カビ)は1つたりとも漏らしません。

つまり、シャープ,ダイキン,パナソニックなどの空気清浄機では、ダイソン空気清浄機の足元にも及びません。

「日本メーカーを使っていて、かえって喘息が悪化した」という方の接客も多数経験あり

理由は、動画の通り、内部がスカスカで汚染物質を漏らしまくるからです。

そのような空気清浄機を動かしたことで、かえって汚染物質を巻き上げたために、汚染物質を吸い込んでしまった!

という話です。

日本メーカーの空気清浄機は、喘息の持病をお持ちの方は使わない方が賢明です。

もちろん、これだけスカスカだと、健常者にとっても価値があるわけがありません。

【理由2】日本の加湿空気清浄機は、カビを大量発生させてしまうため

これは、空気清浄機の購入を検討している方全員に忠告したい事ですが、あなたが喘息をお持ちなら尚更重要なことです。

【空気清浄機の検討の際、やってはいけない思考パターン】

動機)
「室内の空気をきれいにしたいし、加湿も一緒になっているモデルがいい」
意思決定)

有名だし、シャープ,ダイキン,パナソニックの加湿空気清浄機を買おう!」

この動機は、何も問題ありません。

しかし、それによる意思決定の中身が全くよろしくありません。

この思考パターンで加湿空気清浄機を購入すると、購入後、早々に後悔するばかりか、今よりも健康を害する可能性が十分にありますし、喘息もますます悪化してしまいます。

なお、この『日本の加湿空気清浄機とカビ』の関係は、参考記事で詳しく解説しました。

自分の体を守るために、真剣に読んでください。

【理由3】発生するオゾンは、ダイレクトに喘息を悪化させるため

昨今の社会は、コロナが拍車をかけ、とにかく、“除菌・除菌”です。

空気清浄機絡みの除菌で言うと、イオンです。

有名な三大イオン
  • プラズマクラスター←シャープ
  • ストリーマ←ダイキン
  • ナノイー←パナソニック

これらは、各々、イオンに名前をつけている訳ですが、いずれも、生成時に“気体の”『オゾン』が発生しています。

もちろんオゾンで除菌は可能ですが、有人空間で暴露させるべきではありません。

オゾンは『炎症物質』のため、我々の健康も無害では済みません。

“気体”というのが厄介で、気道(→気管や気管支など)を炎症させてしまいます。

必ず、喘息が悪化してしまいます。

喘息の持病をお持ちなら、イオンが出る空気清浄機は使ってはいけません。

オゾンの恐ろしさやイオンの正体は、下記の『参考記事』で詳しく解説しました。

【まとめ】喘息の方が安心できる加湿空気清浄機は、ダイソンPHシリーズだけ

本記事のまとめ
  • 喘息の方が安心できる加湿空気清浄機は『ダイソンPHシリーズ』のみ
    参考記事参照
  • 日本メーカーの加湿空気清浄機は、絶対に使わないこと
    参考記事参照
  • イオン, オゾン,除菌といった文言の入った空気清浄機を絶対に使わないこと
    参考記事参照

今回は以上です。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次