ワタルブログ Written by Wataru Yamazoe

喘息の方におすすめできる加湿空気清浄機はダイソンPHシリーズだけ

空気清浄機

 

喘息持ちの人に有効な加湿空気清浄機が知りたい人「喘息がつらくて息苦しいから、せめて、空気清浄機を新調して空気をきれいにしたいなぁ。シャープやダイキン、パナソニックなどのカタログを見ていると、どれも『カビ菌や細菌、アレル物質の抑制』ができるような事が書いてあるけど、どれがいいのかなぁ。あと、いつも乾燥する冬は喘息がひどくなるから、加湿も一緒になっている加湿空気清浄機がいいと思うけど、喘息持ちの人に有効な加湿空気清浄機はあるのかなぁ。」

こういった疑問に答えます。
 

この記事を書いた人

空気清浄機、加湿器、除湿機など空調家電のエキスパート。現在も、空調家電販売の第一線で活躍中。

“空気” が大好きで、休みの日でも勉強や追求に余念がない。

根が “健康オタク” でもあるため、「空調家電は健康や命に直結する」と一貫して主張し、衛生的に配慮のない製品には、「使う価値がない」と厳しく意義を唱える。

 

喘息の方におすすめできる加湿空気清浄機はダイソンPHシリーズだけ


ダイソンPHシリーズとは、下記の参考記事で解説しているモデルです。

正直、喘息の方は、これ以外の加湿空気清浄機を使うと、購入後、早々に後悔するばかりか、かえって、健康を悪化させる恐れさえあります。

もっとも、

「空気清浄も加湿も一緒にできて、今よりも部屋の空気をきれいにしたい」

と望む人の気持ちは一緒なので、僕は、PHシリーズは、加湿空気清浄機を検討する全ての方におすすめしています。

なお、実はPHシリーズには2機種ありますが、『喘息をお持ちの方』は、記事後半で解説している『PH04WGN』がよりおすすめです。
 

【参考記事】【断言】加湿空気清浄機のおすすめNO.1は、ダイソンのPHシリーズ

加湿空気清浄機を検討しているあなたは、きっと「空気清浄機も加湿器も使いたいし、別々に置くのは邪魔だから、よし、加湿空気清浄機を買おう!」と考えていますよね? やはり、できる事なら場所を取りたくないですもんね。しかし、いざ、ネットで検索すると、シャープ・ダイキン・パナソニックのモデルがいっぱい出てきますが、「この中からどれにしよう?」と考えると、購入後に痛い後悔をしますよ。本記事ではその理由を説明し、それを踏まえて、真におすすめの加湿空気清浄機を紹介します。

» この記事を読む

喘息の方には、日本の加湿空気清浄機は全ておすすめできない理由3つ(→オススメできないどころか、使えば、かえって喘息が悪化する


3つの理由の要点は、下記の通りです。

  • 【理由1】日本の空気清浄機は、本体とフィルターとの間に密閉性がなく汚染物質が漏れまくるため
  • 【理由2】日本の加湿空気清浄機は、カビを大量発生させてしまうため
  • 【理由3】発生するオゾンは、喘息を悪化させるため

では、1つずつ説明していきます。

【理由1】日本の空気清浄機は、本体とフィルターとの間に密閉性がなく汚染物質が漏れまくるため

まずは、下記の30秒動画を観て下さい。

もちろん、『空気』の動きは目に見えません。

そこで、

真っ暗の空間にすると、白煙(=いろんなサイズの微粒子を混ぜて煙化させたもの)の動きが分かるので、微粒子をいかに漏らさずに本体内部に集じんできているか、あるいは、実は、いかに漏らしてしまっているか?

をテストした動画です。

昔、CMでやっていた動画を観やすくするため、僕が30秒に速度を緩めた動画です。

どうぞ、ご覧ください。

いかがでしたか?

これが、現実です。

  • 【ダイソン】
    本体とフィルターとの間の密閉性が高いため、フィルター部に集められた汚染物質が外部に漏れない。
    ハウスダストは言わずもがな、ウイルスレベルの超微小粒子物質さえも全くと言っていいほど漏らさない。
    →ヨーロッパの試験機関では、『医療レベルの空気清浄機』と評価。
  • 【日本メーカー】
    ダイソンと違い、本体とフィルターとの間に密閉性がない、つまり、内部はスカスカな構造のため、汚染物質が本体内部に留まれず漏れてしまう。
    汚染物質の粒子径が小さくなればなるほどロス率は大きくなる。

「日本メーカーを使っていて、かえって喘息が悪化した」という方の接客も多数経験あり

理由は、動画の通り、汚染物質を漏らしまくるからです。

そのような空気清浄機を動かしたことで、かえって汚染物質を巻き上げたために、汚染物質を吸い込んでしまった!

という話です。

このような空気清浄機は、かえって使わない方が賢明です。

【理由2】日本の加湿空気清浄機は、カビを大量発生させてしまうため

これは、空気清浄機の購入を検討している方全員に当てはまることですが、あなたが喘息をお持ちなら尚更重要なことです。

【空気清浄機の検討でやってはいけない思考パターン】
「室内の空気をきれいにしたいし、加湿も一緒になっているモデルがいい」
→「日本メーカーの加湿空気清浄機を買おう!どれがいいかなぁ。」

この思考パターンで加湿空気清浄機を購入すると、購入後、早々に後悔するばかりか、今よりも健康を害する可能性があります。

詳細は、下記の『参考記事』で詳しく解説しました。
 

【参考記事】今より空気をきれいにしたければ、日本の加湿空気清浄機は買うな!

『加湿空気清浄機』を購入しようとしていますか? そんなあなたに質問しますが、当然、“今よりも部屋の空気をきれいにしようとして、あるいは、自分や家族の健康に寄与するために” 購入しようと考えていますよね? もし、真剣にそう考えているなら、後悔する前に、日本の全ての加湿空気清浄機を買うのはやめましょう。理由を知りたい方は、必読です。

» この記事を読む

 

【理由3】発生するオゾンは、喘息を悪化させるため

昨今の社会は、コロナが拍車をかけ、とにかく、“除菌・除菌”です。

空気清浄機絡みの除菌で言うと、イオンです。

  • プラズマクラスター←シャープ
  • ストリーマ←ダイキン
  • ナノイー←パナソニック

が、かなり有名です。

しかし、これらは、3社が各々イオンに名前をつけている訳ですが、いずれも、共通して発生しているのは“気体の”『オゾン』です。

もちろんオゾンで除菌は可能ですが、しかし、実はオゾンは『炎症物質』のため、我々の健康も無害では済みません。

“気体”というのが厄介で、気道(→気管や気管支など)を炎症させてしまいます。

詳細は、下記の『参考記事』で詳しく解説しました。
 

『参考記事』オゾンが出る空気清浄機は『自分や家族の健康を考えるなら使わない』

オゾンが出る空気清浄機の『デメリット』を考えたことがありますか?主に“除菌・脱臭”がうたわれていますが、実は、使用環境に身を置く我々の人体も無害では済みません。それと同様に、空気清浄機で『イオン』という言葉を目にしたこともあると思います。中でも『プラズマクラスター/ストリーマ/ナノイー』が圧倒的に有名です。しかし、これらのイオンも、実は、イオンを生成させる構造上オゾンを発生させています。自身や家族の健康を守りたい方は、続きを読んでください。

» この記事を読む

 

【まとめ】喘息の方に有効な加湿空気清浄機は、ダイソンのPHシリーズだけ


本記事の主張をまとめます。

  • 喘息におすすめできる加湿空気清浄機は『ダイソン・PHシリーズ』のみ
  • PHシリーズには2機種あるが、『喘息をお持ちの方』は記事後半で解説している『PH04WGN』がよりオススメ
  • ダイソン以外の加湿空気清浄機を使うと、かえって喘息の症状が悪化する恐れさえある(→使わない方が賢明)

 

【参考記事】【断言】加湿空気清浄機のおすすめNO.1は、ダイソンのPHシリーズ

加湿空気清浄機を検討しているあなたは、きっと「空気清浄機も加湿器も使いたいし、別々に置くのは邪魔だから、よし、加湿空気清浄機を買おう!」と考えていますよね? やはり、できる事なら場所を取りたくないですもんね。しかし、いざ、ネットで検索すると、シャープ・ダイキン・パナソニックのモデルがいっぱい出てきますが、「この中からどれにしよう?」と考えると、購入後に痛い後悔をしますよ。本記事ではその理由を説明し、それを踏まえて、真におすすめの加湿空気清浄機を紹介します。

» この記事を読む

本日は、以上です。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。