リビングでおすすめできる加湿空気清浄機は、ダイソンPHシリーズ

リビングでおすすめの加湿空気清浄機が知りたい人

リビングでおすすめの加湿空気清浄機って、どれなんだろう。
シャープもダイキンもパナソニックも同じように見えて、違いが分からないし、ダイソンはどうなんだろう。
何を基準に選んだらいいのか教えて」

こういった疑問に答えます。

この記事を書いた人
ワタル
  • 空気清浄機、加湿器、除湿機など空調家電のエキスパート。
  • 現在も、空調家電販売の第一線で活躍中。
  • “空気” が大好きで、休みの日でも勉強や追求に余念がない。
  • 根が “健康オタク” でもあるため、「空調家電は健康や命に直結する」と一貫して主張し、衛生的に配慮のない製品には「使う価値がない」と厳しく意義を唱える。
目次

リビングでおすすめできる加湿空気清浄機は、ダイソンPHシリーズ(※そもそも、ダイソン以外で「空気清浄機」と呼ぶ資格のある加湿空気清浄機は1台もない!

まず、断言します。

「加湿空気清浄機を買う」と決めた時点で、ダイソンPHシリーズ以外の加湿空気清浄機を買うと大いに後悔します。

その理由は何か?

下記の関連記事で詳しく解説しました。

まずは、そちらを読んでください。

その後の説明は、この関連記事の内容を踏まえた上で進めていきます。

いかがでしたか?

あなたもそうですが、加湿空気清浄機を買うことが『目的』の人は、誰一人といません。

加湿空気清浄機を買う,使う目的
  • 「今よりも部屋の空気をきれいにし、健やかに過ごしたい」
  • 「自分や家族の健康を守りたい」

これが目的です。

そして、それを達成するための考えうる『手段』として、

加湿空気清浄機を買う検討をしている人

「よし、加湿空気清浄機を買うぞ!やっぱ、空気清浄と加湿が両方使えた方がいいよな!」

という流れで、加湿空気清浄機を検討するはずですし、あなたも言われてみるとそのはずです。

にもかかわらず、

いつの間にか、加湿空気清浄機を買うこと自体が目的になってしまっている人がほとんど!

ロクな検討もせずに、シャープ,ダイキン,パナソニックなど、広告費をバンバンかけて有名で無難そうに見えるメーカーの加湿空気清浄機を購入し、

先ほどの関連記事で解説したように、かえって、部屋にカビを撒き散らかしている人が後を絶ちません。

したがって、冒頭で、

「加湿空気清浄機を買う」と決めた時点で、ダイソンのPHシリーズ以外の加湿空気清浄機を買うと、大いに後悔します。

と言ったわけです。

  • リビング向きだとか、寝室向きだとか、を考える前に、“加湿空気清浄機を買う”と決めた以上、間違っても、ダイソン以外の加湿空気清浄機を買わない。
  • もし、“予算が合わない、あるいは、ダイソンが嫌”など事情があるなら、いっそ加湿空気清浄機は買わない!
  • それくらい、日本メーカーの加湿空気清浄機は価値がない!

それさえ間違えなければ、健やかな空気環境の中で、あなたが望んだ生活ができるでしょう。

【空気清浄編解説】ダイソンPHシリーズは、自ら気流を生み出して空気を循環できる(リビングのどこに置いても、均一な空気清浄が可能!

自ら気流を生み出して空気を循環させるヒミツが、下記の4つです。

ダイソンPHシリーズが空気を循環させる特徴
  • 室内の空気の吸い込みを『360度全面』から吸い込む効率性
  • エアマルチプライアーテクノロジーにより空気を増幅
  • 左右合わせ最大180度スイングするルーバーにより、空気を広角に行き届かせ気流を作る
  • 循環による緻密な空気清浄の成果は、EUの試験機関によって証明されている

では、順に説明します。

1)室内の空気を『360度全面』から吸い込む効率性

どんな部屋でも、縦・横・高さ・奥行きがある立体空間です。

見方を変えれば、清浄すべき汚染物質や臭いなどは、その全方位の空気にまみれているわけです。

そう考えれば、『360度全面』から吸い込むことができるダイソン製品は、非常に理に適っていませんか?



2)エアマルチプライアーテクノロジーにより、空気を増幅

エアマルチプライアーテクノロジー

ダイソン空調製品の上部は『リング状の輪っか』になっています。

よく、当製品を見慣れていない消費者からは、

疑問がある人

「どうして、後ろが空いているんですか?」
「意味があるんですか?」

と尋ねられます。

実は、この後ろが開いている事こそ、ダイソン製品の核心です。

製品が直接出す風は、輪っかの狭く細いスリット(=切れ込み)部分から出していますが、細いスリット部分から勢いよく気流を吹き出す際に『周りの風を巻き込むことによって気流が増す』という原理を利用。

これが、「エアマルチプライアーテクノロジー」です。

ハンドドライヤーの開発中にヒントを得たエアマルチプライアーテクノロジー

今では、商業施設やオフィス等のトイレで当たり前に使っているハンドドライヤー

強力な風が、瞬く間に洗った手の水分を飛ばすアレです。

そのハンドドライヤーを開発中の当時、ダイソンのあるエンジニアが、

狭い穴から勢いよく高速の空気が流れる時に、「周りの風が一緒に巻き込まれることによって気流が増す」

という現象に気づきました。

“この現象をうまく応用して、ファン(=扇風機)も作れるのではないか?

と考えたのが、ダイソンの“羽根のない扇風機”誕生のきっかけです。

Dyson Airblade™ハンドドライヤー


ハンドドライヤーの狭い穴から勢いよく気流を吹き出す際に、“周りの風を巻き込むことによって気流が増す”

要するに、

小さな気流でも勢いをつけて周りの気流を巻き込むと、少ないモーター力や電力で大きな風を作ることができる

ということです。

まとめると、

エアマルチプライアーテクノロジーは、『輪っかの狭く細いスリット(=切れ込み)部分から強い気流を出すことで、周りの気流が加わり、何倍もの大きな気流を作り出す仕組みを採用。

具体的に言うと、便宜上、全体の気流を100%とするならば、スリットから直接吹き出す気流はわずか7%程

残りの約93%は巻き込んだ周囲の気流です。

言い換えれば、“100%の気流を作るために、モーター稼働は僅か7%で済む”ため、本体負担が少なく、電力消費の観点でも非常に省エネです。

3)左右合わせ最大180度スイングするルーバーにより、空気を広角に行き届かせ気流を作る

本体上部の輪っかの左右にある、縦の狭く細いスリット(=切れ込み)部分ルーバー式になっています。

45度と90度の2段階でそれぞれ左右にスイングできるため、左右合わせると最大180度(※90度設定時)の範囲に、直接気流を行き届かせることができます。

空気清浄機というと、部屋全部の空気を直接吸い込んで来られると思っている人が少なくありません。

しかし、本体が直接吸い込むことができる空気は、本体周りのほんの近くの空気だけです。

では、遠くの空気はどうやって吸い込むかというと、

空気清浄機が出す排気を行き届かせて、気流を作って循環させて吸い込みます。

そのため、清浄範囲を広くカバーしようとなると、いかに排気が行き届くか?

つまり、『気流の行き届く範囲=実質の清浄範囲』とも言えます。

だからこそ、ダイソンの空気清浄機は水平に風を出しているのです。

排気を水平にスイングする形で出すことで、最も気流を広く行き渡らせることができる。

しかし、それだと抽象的なので、平たく“扇風機としても使える”と言っているだけです。

ダイソンPHシリーズの空気清浄の最大適用畳数は36畳まで(どんなリビングでも大丈夫!)

したがって、空気清浄機としてのリビング適性は十二分にあります。

【参考】シャープ,ダイキン,パナソニックの加湿空気清浄機は、自ら気流を作ることができない

置く場所が、エアコンの対角線上の床下か真下と限定されます。

自ら気流が作ることができないため、あくまでも、エアコンの助けを借りて気流を作っていきます。

したがって、“本体の対面”しかきれいになりません。

しかし、ダイソンの加湿空気清浄機は、空間の隅々まで気流を及ぼして清浄していく事ができます。

4)循環による緻密な空気清浄の成果は、EUの試験機関によって証明されている

ヨーロッパのEUが実施する試験を採用しているのが、ダイソン空調製品の大きな特徴です。

疑問がある人

「なぜ、ダイソンは、ヨーロッパのEUが実施する試験を採用しているのだろう?」

「それは、ダイソン空調製品が目指している製品力の方向性が、EUが求める空気清浄力と合致するからです」

EUでは、日本の空気清浄機の試験とは比べものにならない程、厳しい試験を要求しています。

EU(=欧州規格EN1822)が求める空気清浄能力

一言で言えば、緻密さの追求

ウイルスクラス(※)の超微小粒子状物質のみを用いて、いかに漏らさずに捕集・密閉できるか?

(※『ウイルスクラス』とは、通称PM0.1のサイズで1mmの1万分の1

EU(=欧州規格EN1822)の試験方法(上記の図を参照)

実際の住宅環境で機能するよう、27m2(=約16畳)の試験空間で実施。

ウイルスクラス(PM0.1レベル=1mmの1万分の1)の超微小粒子状物質のみを10,000個用いた60分間の捕集試験。

部屋の四隅と中心、計9か所にセンサーを設置。
(空間の端から端までくまなく検証)

テーマは『均一』
いかに漏らさずに捕集・密閉できるか?
“いかに、均一に清浄できているか?”

を試験しており、

最新の加湿空気清浄機『PH03,PH04』は、10,000個PM0.1レベルの超微小粒子状物質99.98%を捕集。

言い方を変えれば、捕集できないロス率は0.02%(=10,000個中わずか2個!)

よって、EUの欧州規格上、『医療レベルの空気清浄機』と評価されています。

【加湿編解説】ダイソンPHシリーズで“均一に”加湿できるのは最大10畳(もし、あなたがこの『10畳』を少なく感じたとしたら、日本メーカーにまんまと騙されている!

ダイソンPHシリーズの加湿能力は、

加湿機能は、自社規格TM-002110 に基づく41m3の空間で加湿能力を測定した自社試験結果。

その結果が最大『10畳』です。

ダイソンPHシリーズは、実際に試験をした実測値が『10畳』です。
(当たり前です!)

しかし、ダイソン以外の日本の加湿空気清浄機の加湿適用床面積は、そもそも広さの試験はしていません。

1時間あたりで放出できる水分量、つまり、減少量が大きければ大きい製品ほど、形式的に畳数を割り振る仕組みで加湿の適用床面積を記載しています。

まぁ、簡単に言うとイカサマです(笑)

自ら気流を生み出して、空気を循環させられるダイソンでも最大10畳

エアマルチプライアーを始めとした【ダイソンPHシリーズが空気を循環させる特徴】で説明したように、

これだけ増幅した空気を広範囲に循環させられるダイソンPHシリーズでも、均一に加湿できるのはせいぜい10畳

です。

にもかかわらず、エアコンの助けを借りないと、自らまともな気流すら作れない日本の加湿空気清浄機が、それよりも広い畳数を均一に加湿できるわけがありません。

ここまで読み進めてきて、分かったと思います。

僕は、『無条件で、加湿空気清浄機はダイソンPHシリーズがいい』とは言っていません。

日本メーカーの加湿空気清浄機は、スペックの根拠はイカサマばかりだし、それなのに宣伝で煽りまくるし、使う価値がないどころか、カビをばら撒いてかえって空気を汚してしまう

玉石混交の情報を見抜いて合理的に判断したら、結局、まともにやっている『ダイソンPHシリーズ』しか残りません。

加湿空気清浄機の加湿方式は『気化式』(自然な加湿に向いている反面、速湿性はない。しっかり湿度を上げていきたい時は、別途スチーム式を併用するのがおすすめ!

空気清浄機と一体型になっている加湿の方式は、メーカー問わず『気化式』です。
アイリスオーヤマの製品を除く

気化式のメリット
  • 電気代が安い:『1時間1円程度』
  • 風で回すため、加湿範囲を広げられる
  • 加湿空気清浄機を選ぶと、1台でまとめられる(→今回のケース)

というメリットがあります。

しかし、逆に言えば、1時間1円程度の電気しか使わない分、非力さがデメリット。

そのため、

  • 【例えば】現在の湿度が『30%』すら切っており、とにかく乾っから
  • しっかりと湿度を上げたい

という状況なら、ある程度、湿度があなたの目的の水準に上がってくるまでは『スチーム式』を併用するのがおすすめです。

スチーム式を使いつつ、ダイソンPHシリーズで循環してあげると相乗効果が得られます。

そして、ある程度、湿度が上がってきたら、ダイソンPHシリーズだけにして湿度を維持していく。

そんな使い方がおすすめです。

【まとめ】リビングでおすすめできる加湿空気清浄機は、ダイソンPHシリーズ

色々書きましたが、加湿空気清浄機の検討ほど簡単なものはありません。

なぜなら、加湿空気清浄機を買うと決めた以上、イコール、ダイソンPHシリーズを買えばいいからです。

最も大事なことは、ダイソンPHシリーズを買った後、製品の特徴をしっかりと理解して使っていくこと

です。

安心して利用を始めてみてください。

今回は以上です。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次