一人暮らしにおすすめな加湿空気清浄機は、ダイソンPHシリーズ

一人暮らしにおすすめの加湿空気清浄機が知りたい人

一人暮らしにおすすめの加湿空気清浄機ってどれなんだろう?
あまりお金もかけたくないしなぁ。
それに時間もあまりないから、お手入れも楽な方がいいなぁ。
それに、部屋も狭いから場所を取るものは嫌だなぁ」

こういった疑問に答えます。

記事の信頼性:僕が書いています!
ワタル
  • 空気清浄機,加湿器,除湿機など空調家電のエキスパート。
  • 現在も、空調家電販売の第一線で活躍中。
  • “空気” が大好きで、休みの日でも勉強や追求に余念がない。
  • 根が “健康オタク” でもあるため、「空調家電は健康や命に直結する」と一貫して主張し、衛生的に配慮のない製品には「使う価値がない」と厳しく意義を唱える。
目次

【4つの理由】一人暮らしにおすすめな加湿空気清浄機はダイソンPHシリーズ

まず、断言します。

「加湿空気清浄機を買う」と決めた時点で、ダイソンPHシリーズ以外の加湿空気清浄機はおすすめしません!

価格が高いとか安いとか、ダイソンだとか云々は一切関係ありません。

もっと根本的な理由からです。

ダイソンPHシリーズ以外に、衛生的に使い続けられる加湿空気清浄機が1台もないからです。

日本の加湿空気清浄機は、誰が使ったとしても今よりも部屋の空気が汚れます。

その理由は何か?

下記の参考記事で詳しく解説しました。

まずは、こちらで現実を学んでください。

いかがでしたか?

これ以降の本記事は、この参考記事を踏まえた上で進めていきます。

なお、早速、PHシリーズの情報をダイレクトにチェックしたい方は下記の参考記事に進んでください。

では、当記事では『ダイソンPHシリーズと一人暮らし』を掛け合わせた説明をしていきます。

ダイソンPHシリーズを一人暮らしにおすすめする4つの理由
  • 【メリット1】ちゃんと部屋がきれいになる
  • 【メリット2】1度本体を買えば、寿命まで衛生的に使える
  • 【メリット3】お手入れが圧倒的に簡単
  • 【メリット4】設置に要するスペースは、羽付き扇風機よりも省スペース

順番に説明していきます。

【メリット1】ちゃんと部屋がきれいになる(ダイソンPHシリーズ以外の加湿空気清浄機は内部がカビだらけになり、かえって部屋を汚す

世の中のほとんどの人は、

加湿空気清浄機を検討している人

加湿空気清浄機と名がつく以上、空気清浄機を持っていない自分からすれば、どれを買っても今よりは“大なり小なり”部屋の空気はきれいになるだろう

と信じて疑いません。

そして、そういう人は、

“空気清浄機を買うこと”=ゴール

になっています。

そのため、検討がいい加減で、

  • 一人暮らしだし、予算もないからこれでいいんじゃない?
  • 部屋が狭いから、これでいいんじゃない?
  • シャープ有名だし、加湿もついてて安いからこれでいいっか

程度の検討しかしません。

しかし、先の『今より空気をきれいにしたければ、日本の加湿空気清浄機は買うな!』を読んでからここまで読み進めてくれている誠実なあなたならもう分かっていると思います。

ここは声を大にして言いますが、

空気清浄機や加湿器は“健康家電”に属するもの。

“買えばよし!”じゃないんですよ。

締め切った室内で空気清浄機を回す以上、加湿空気清浄機内部からもたらされてくる空気は、否が応でも我々が吸い込む空気。

ならば、“内部がいかに衛生的か、そして、衛生的に保ち続けられるか?”の視点で、加湿空気清浄機を買わなくてどうするんですか? 

その視点で検討しない加湿空気清浄機を使う事に、意義がありますか?

日本の加湿空気清浄機は、買うだけお金の無駄です。

事後に、カビが生えやすい現実を知り落胆し、買ってしまった事を嘆きます。

「空気清浄機」という名の通り、当たり前にちゃんと部屋がきれいになるのは、加湿空気清浄機ではダイソンPHシリーズだけです。

【メリット2】1度本体を買えば、衛生的に寿命まで使える(ダイソンPHシリーズ以外の加湿空気清浄機は頻繁に買い替えざるを得ず、かえって割高になる

日本メーカーの加湿空気清浄機を、寿命(=耐用年数)まで使い切る人はほとんどいません。

なぜなら、これまで説明してきた通り、

早々に内部がカビだらけになり、衛生的に使いたくなくなってしまうからです。

機械的には何も支障ありませんが、衛生面で脱落します。

したがって、ここで大事なことは、

日本メーカーの加湿空気清浄機を「5年,10年使えるだろう」という安易な想定で割安感を感じないこと

です。

試算)【シャープの代表的な加湿空気清浄機とダイソンPH03との比較】

シャープの代表的な加湿空気清浄機とダイソンPH03を比較してみます。

【シャープの代表的な加湿空気清浄機とダイソンPH03との比較】
機種名シャープ(KC-P50ダイソン(PH03
本体画像
正規価格
(税込)
43,800円92,400円
価格推移
平均価格
22年6月14日〜22年7月14日
32,317円90,318円

もし、仮に、シャープ/KC-P50を平均価格32,000円で購入し使い始め、衛生的に使い続けるのが嫌になり、3年ごとに買い換えて10年使う場合と、

ダイソンPH03を平均価格90,000円で購入し、1台で10年使った場合。

を比較し表にしてみると、

【シャープのKC-P50とダイソンPH03とのコスト比較】
機種名シャープ(KC-P50ダイソン(PH03
本体購入費用128,000円
∵32,000円×4回購入

(1,4,7,10年目)
90,000円
合計128,000円90,000円

いかがですか?

不衛生に陥ると分かっている日本メーカーの加湿空気清浄機を2〜3年でコロコロ買い替える方が、

最初にダイソンPHシリーズを買うよりも、10年スパンで見るとかえって総コストが上回ってしまいます。

しかし、中には、こんなことを思う人がいるかもしれません。

否定的な人

「空気清浄機は、今だけ使いたいだけだから」
「衛生的に使えなくたっていいから」
「今そんなに高いの買えないから」

当ブログを読む読者に、真正面からこんな発想をする人はいないと思いますが、仮に、そういう人は、加湿空気清浄機を買わなくていいと思います。

「今だけ使いたいだけ」

室内での生活は5年10年と続くのに、“今だけ”というのはおかしい

※仮に今だけだとしても、安いだけのカビを発生させる加湿空気清浄機を使う目的はなんですか?

「衛生的に使えなくたっていいから」

こういう人は、今一度、空気清浄機を買う目的を再考してください。

「今、そんなに高いの買えないから」

無理して、今、空気清浄機を買わなくてかまいません。

※価格を妥協しても、カビだらけになる加湿空気清浄機しかありません。

こういう考えの人たちは、安易に物に頼るより、窓を開ける習慣を取り入れてください。

日本メーカーの加湿空気清浄機を使って部屋を清浄しようとするよりも、その方がよっぽどマシです。

また一方では、こういう事を思う人もいるかもしれません。

ダイソン製品を疑う人

「でも、それは本体だけの話でしょ?」
「ダイソンはフィルターを買い換えないといけないって、知っているんだぞ!」

という反論もおそらくあるでしょう。

しかし、空気清浄機のフィルターは交換を真正面から推奨するメーカーが正

“日本メーカーのフィルター交換10年”は、業界ぐるみの大ウソ!

当ブログを読むあなたは、決して、騙されてはいけません。

下記の記事を読んで、真実を勉強してください!

【メリット3】PHシリーズはお手入れが圧倒的に簡単(最も面倒な『加湿のお手入れ』は、なんと自動洗浄!)

一人暮らしの方は比較的若い人が多いので、「加湿空気清浄機を使うのは初めて」という人も少なくないでしょう。

普通、日本メーカーの加湿空気清浄機だとこのような掃除をします。

見るからに面倒臭いですよね!

パーツの大きさ・数からして流し台では狭いので、浴室を使っている人が多いですが、それだけでも面倒ですよね。

足や服も濡れるし!

しかも、これが意外と盲点ですが、

初めて加湿空気清浄機を持つ人は、最初は意欲があるのでやるでしょうけど、

何せ、これまでやっていなかった事を新たにやり始めるので、習慣になる前に、徐々に掃除をサボってしまいます。

そして、掃除頻度が落ち、しまいにはやらなくなり、結果、カビが大量に顕在化します。

好きな事ならまだしも、面倒極まりない加湿パーツの掃除なんかやりたくないですしね(笑)

よって、

購入時の意欲が続くものだと、自分に安易に期待しない方が賢明

です。

しかも、この掃除をし続けても、内部がカビるまでの日数を多少遅らせられるだけです。

遅かれ早かれ、内部がカビだらけになるのは不可避

です。

なお、

日本メーカーは取扱説明書では、掃除頻度を緩く書いています。

例えば、加湿フィルターだと下記の通りです。

シャープ加湿空気清浄機/取扱説明書

「1ヶ月に1回程度」

掃除頻度をはっきり書くと消費者が嫌がりますし、

カビが生えて使い物にならなくなる方が、かえってフィルターや本体のリピートサイクルを早められる

ので、緩く書く方がメリットが大きいのでしょう。

どの道カビは生えますが、水回りの掃除が「1ヶ月に1回程度」では、幾ら何でも間を開けすぎです。

本当は、これくらいの頻度でやらないといけない
  • タンクと水トレー
    『毎日』
    排水とすすぎ
  • 加湿フィルター
    →最低でも『週1回』
    ☆シャープ,ダイキン:つけ置き
    ☆パナソニック:押し揉み

まぁ、それでも、現実的に日本の加湿空気清浄機はカビるので、初めから買わない方がマシです!

この面倒で、やってもやってもカビが不可避な加湿清掃を、

加湿フィルターはもちろん、日本メーカーでは手入れ不可能な給水経路までも、60分で自動洗浄をしてくれるのが『ダイソンPHシリーズ』でありいつまでも内部がカビません!

家電量販店の社員や日本メーカーの販売員、そして、ほとんどのサイトやブログも本当の事は教えない

家電量販店(以下:量販店)に行き、量販店社員や日本メーカーの販売員の説明を受けると、ダイソン製品を勧めてくれる人は100%いません。

なぜなら、

ダイソン製品を勧めてくれる店員はいない
  • 【量販店社員】
    ★ダイソン空調製品の価値を正しく理解している人は皆無に等しい
    (※「日本メーカーの方が優れている」と思い込む低レベル社員も多い)
    「ダイソンは原価率が高く、大した利益にならないからおすすめしなくていい」と上層部から言われている
    (※原価率が低く、粗利が稼げる日本メーカーを売るよう指示。粗利を取ること,儲ける事しか考えていない
  • 【日本メーカー販売員】
    “嘘は言わないが、本当の事も言わない”
    (※“衛生的・お手入れが最も楽な加湿空気清浄機はダイソン”と分かっているが、それでは自社が売れないため、お手入れの話になっても、お茶を濁すようにささっと切り上げてしまう

ひどいものですよね!

また、ほとんどのおすすめサイトやブログも、

巷の空気清浄機のおすすめサイトやブログ
  • 【家電のプロを装ったライター】
    メーカーから元ネタをもらって、そのまま文章にしているだけ
    メリットを羅列するだけで、日本メーカーに都合が悪い本質は触れないし知らない
  • 【素人サイトやブログ】
    “アフィリエイトで売れてナンボ”だと考えて、好き勝手書いている
    【ワタルブログ(当ブログ)】
    “健康を害するような空気清浄機はダメ”のスタンスで書いている本音記事。

当ブログに辿り着いた人は、いい加減な情報には惑わされずに正しい判断をしてください。

【メリット4】ダイソンPHシリーズの設置に要するスペースは、羽付き扇風機よりも省スペース(確かに見た目は“寸胴体で大きく見える”が、大事なのは“設置に要するスペース”

ダイソンPHシリーズの実物を見た人は、

PHシリーズの実物を初めて見た人

「デカい、邪魔!」
「こんなの部屋に置けない」

と感覚的,感情的に言いますが、

「実は、羽根付き扇風機よりも場所を取らないんですよ」と言うとビックリします。

さすがに、羽付き扇風機すら置けない部屋はないでしょう(笑)

  • 『羽根付き扇風機』
    ・羽根部分と土台の間がくびれて細く、一見場所を取らないように見える
    ・しかし、羽根部と土台の直径が大きいため、意外とスペースを要する
  • 『ダイソンPHシリーズ』
    デカいと錯覚しているだけ(∵上から下まで“寸胴体”
    横幅も奥行もわずか『31cm』しか取らない!

目は慣れてきますが、物理的に占有するスペースはどうしようもありません。

大事なのは、省スペースであること

たとえ、6〜10畳のワンルームであったとしても余裕で置けます。

現に、僕は6畳の部屋で使っています!

一般的な羽根付き扇風機よりもスペースを取らないばかりか、

【空気清浄機+扇風機+循環(≒サーキュレーター)+加湿器】の役割が1台で成せる事を考えれば、

スペースが限られており、“空気清浄機と加湿器を1つにしたい”と言うなら、

設置面で見ても、ダイソンPHシリーズを選ばない理由はありません。

【まとめ】結局、どう考えても一人暮らしにおすすめできる加湿空気清浄機はダイソンPHシリーズ

  • 『空気清浄機』の名の通り、ちゃんと空気がきれいになる唯一の加湿空気清浄機
  • 1度本体を買えば、寿命まで衛生的に使える
    日本メーカーみたいに、カビだらけになって買い替えを余儀なくされる事がない
  • お手入れが圧倒的に簡単
    ☆煩雑なお手入れをしたい人はいない
    ダイソンPHシリーズを買うと時間が残る!
  • 一般的な羽付き扇風機よりも省スペース
    1台で【空気清浄機+扇風機+循環(≒サーキュレーター)+加湿器】の役割まで成す
    スペースが限られているなら使わない手はない

今回は以上です。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

関連記事

まとめ記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次