寝室は加湿空気清浄機はおすすめしない:うまく機能しない3つの理由

寝室でおすすめの加湿空気清浄機が知りたい人

寝室は6畳くらいで狭く、あまり置く場所がないから、できるだけコンパクトなものがいいし、空気清浄機と加湿器は一緒がいいなぁ。
うるさいと寝られないから、できるだけ音が静かなものがいいなぁ。
それに、冬とか特にそうだけど、起きるとすごく口が乾っからなんだよな。
しっかり加湿してくれると助かるんだけど。」

こういった疑問に答えます。

この記事を書いた人
ワタル
  • 空気清浄機、加湿器、除湿機など空調家電のエキスパート。
  • 現在も、空調家電販売の第一線で活躍中。
  • “空気” が大好きで、休みの日でも勉強や追求に余念がない。
  • 根が “健康オタク” でもあるため、「空調家電は健康や命に直結する」と一貫して主張し、衛生的に配慮のない製品には「使う価値がない」と厳しく意義を唱える。
目次

【3つの理由】寝室は加湿空気清浄機はおすすめしない(この3つの理由のいずれか、人や環境によっては3つ全てが原因でほとんど加湿されない


その3つがこれです。

寝室で加湿空気清浄機がうまく機能しない3つの理由
  • 室温
  • 風量

では、1つずつ説明していきます。

【理由①】就寝時に暖房をつける人は少ない(『気化式』の加湿能力の高低は最も室温に影響され、室温が低いとほとんど機能しない

空気清浄機と加湿器が一緒になった加湿空気清浄機の加湿方式は、『気化式』と言います。

例えるならば、

部屋干しの洗濯物に扇風機の風を当てる様を電化製品化したイメージ

です。

気化式の場合、加湿フィルターをこの濡れた洗濯物に見立てて、そこに取り込んだ風を当て、液体の水を気化させる方式です。

下記のダイソンの加湿空気清浄機の写真で言うと、オレンジ色のものが加湿フィルターです。

つまり、干している洗濯物に該当します。

左(=室内)から取り込まれた空気が、集じんフィルターと活性炭フィルターで清浄された後、濡れた加湿フィルターに合流していますよね。
 
さて、気化式のイメージができたところで考えてみてほしいのですが、

部屋干しをする際、真冬など、室温が低いと洗濯物がなかなか乾かない

のは想像できると思います。

これと同様に、

気化式が効率よく加湿するためには、『室温』が高いことが重要です。

具体的に言うと、最低でも20℃以上です。

しかし、高気密なマンション等に住んでいれば別かもしれませんが、

あなたも起きている時にエアコンをつけて設定温度を20℃以上にしていても、現実には、20℃を上回らないケースは多々経験がありませんか?

起きて暖房をつけている時でさえ、そんな状況(室温20℃以下)がありうるわけです。

ましてや、就寝時は乾燥を防ぐ目的や睡眠効率を考えて、暖房はつけないという方も多いでしょう。

すると、ますます、『就寝時の室温=20℃以上』に保つというのが難しくなります。

結果、就寝時の気化式では加湿がほとんどされない、という結果になります。

気化式では、この室温条件が最も大事。

ここがクリアできないと、加湿空気清浄機を持て余すだけです。

【理由②】就寝時に強風を許容できる人はいない(『気化式』の加湿効率は風量に比例するが、微々たる風量ではほとんど水が減らない

まずここは、先ほどの『理由①:室温が高いこと』がクリアできていることが前提です。

『理由②』もイメージしやすいと思いますが、

『気化式』の加湿効率を左右する風量設定
  • 濡れた加湿フィルターにちょろちょろしか風を当てない
    ほとんど加湿されない
  • 濡れた加湿フィルターに強く風を当てる
    効率よく加湿されうる

これも室温設定に続き、気化式の原理です。

設定風量(=本体に取り込む空気量)と期待される加湿効率相関関係

にあります。

当然、就寝時もしっかり加湿したいのがヤマヤマでしょうが、そもそも、就寝時は、しっかり加湿したくても、風量を強めようとはしません。

なぜなら、室内を風が大きく強く回ると、

設定風量を強めるのを嫌がる人

風が邪魔
うっとうしい
風が冷たくて寒い
眠れない

と思うからです。

風量を上げると、風が邪魔だったりうっとうしいという気持ちは分かりますよね?

言うなれば、扇風機を強運転にして寝るようなものですから。

しかし、これが気化式の原理なのです。

しかし、「風が冷たくて寒い」というのは、どういうことでしょう?

次は、それを説明します。

気化式の加湿方式で加湿するためには、熱が必要

打ち水は、知っていますか?

夏に、熱い地面等に水を撒くと涼しく感じるアレです。

なぜ、打ち水で涼しく感じるかと言うと、撒いた水が気化する時に地面付近の熱を吸収するから。

固体の氷が液体の水になるためには『熱』が必要です。

同様に、液体の水が気体になる(=気化)ためには、やはり『熱』が必要です。

これを『気化熱』と言います。

ネットだけで点数が上がる中学生のための勉強サイト

しかし、気化するために必要な熱は加湿空気清浄機本体では生むことができません。

そのため、

気化式の加湿空気清浄機の場合、取り込んだ風の熱を利用するため、熱量が下がった排気がされるため、排気の及ぶ範囲は室温よりも数℃下がった涼しい風が及びます。

使用する人や状況によっては「寒い」と感じることもあります。

起きている時なら、暖房を強めるなど室内の熱量が下がらないように調整が可能でしょうが、

そもそも就寝時は暖房をつけないことの方が多いため、就寝時は不快に感じやすくなり、風量設定を高めて使うのが難しく、結果、就寝時に気化式で効率よく加湿させるのが難しくなります。

風量に比例して気化が促されるため、その分、加湿されますが、その代償に室内の熱量がどんどん減少していくため、なかなか風量を強めようとはしません。

結果、風量を落とす事になり、微々たる加湿しかされません。

【理由③】ほとんど全ての人が就寝時はうるさいのを嫌がる(→運転能力と動作音は相関関係にあるが、就寝時は風量を強めようとしない

先ほどの『理由②』では、

そもそも風が邪魔だったり、あるいは、風が冷たくて不快という理由で風量を強められないという話

でしたが、今回の【理由③】は音の側面から見た風の煩わしさです。

なぜなら、単純にうるさいと眠れないからです。

しかし、本来は、風量と本体の動作音は相関関係にあるので、

  • 風量を上げる→加湿効率も期待できうる→しかし、動作音が大きくなる
  • 風量を下げる→音が静かで睡眠を妨げない→当然、ほとんど加湿されない

という話です。

もう、これは道理なので仕方ありません。

しかし、道理である以上、使う前にきちんと理解しておかないといけません。

ましてや、就寝時は日中よりも静寂なので、同じ風量でも、日中よりも大きく感じやすくなります。

【まとめ】寝室では加湿空気清浄機はおすすめしない(加湿空気清浄機の加湿方式は、全てこれまで説明してきた『気化式』だから)


寝室で、加湿空気清浄機をおすすめしない理由は、以下の3つでした。

  • 室温
    →室温が低いとほとんど機能しない
    (※暖房をつけない事が多い就寝時は不向き
  • 風量
    →就寝時に風量を強めたがる人はいない
    (※弱風やおやすみモード等だと、ほとんど加湿されない

  • →加湿能力と運転音は相関関係
    (※ほとんど全ての人が就寝時はうるさいのを嫌がる

どうですか?

これら3つの『気化式の道理』をきちんと理解し、自分の寝室環境に合わせてうまく加湿させられる自信がありますか?

これら3つの不都合は、あなたも1つ以上、人によっては全て当てはまる人も少なくないでしょう。

気化式の加湿方式は、こうして設置環境の影響をモロに受けるのはもちろん、理屈を理解しておかないと全く生かすことすらできません。

加湿空気清浄機は「空気清浄機と加湿器が一緒にできるから便利で、置き場所も1つで済む」と人気があるものの、

気化式の加湿方式は、むしろ、僕は上級者向けの加湿方式だと思います。

現に、気化式の加湿方式を使っている消費者から最も多い相談が、

「タンクの水が全然減らない。加湿されない」

という相談です。

今回は以上です。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次