\ ポイント最大9倍! /

【知らずに買うと後悔】タワー扇風機は羽や内部の掃除が一切できない

タワー扇風機を検討している人

タワー扇風機って、スペースを取らないから魅力的だなぁ。
それに、シュッとしているから羽つき扇風機よりオシャレ。
タワー扇風機にしようかなぁ?

でも、タワー扇風機ってどうやって掃除するんだろう
?」

こういった疑問に答えます。

当記事を読むメリット
  • 扇風機利用において大事なのは、衛生的に使用・維持ができる事だと理解できる
  • タワー扇風機を買わなくて良かったと理解できる
記事の信頼性:僕が書いています!
ワタル
  • 空気清浄機,加湿器,除湿機など空調家電のエキスパート
  • 現在も、空調家電販売の第一線で活躍中
  • “空気” が大好きで、休日でも勉強や追求に余念がない
  • 根が “健康オタク” でもあるため、「空調家電は健康に直結する」と一貫して主張し、衛生的に配慮のない製品には「使う価値がない」と厳しく意義を唱える
  • 詳しい自己紹介はこちら
  • 本ページはプロモーションが含まれており、アフィリエイトで収益を得ています。あらかじめご了承ください。
目次

【知らずに買うと後悔】タワー扇風機は羽や内部の掃除が一切できない

家電量販店の店頭にいると、

羽つき扇風機には目もくれず、ひたすらタワー扇風機の検討をしている消費者

がいます。

そんな方に、一言、僕は助言する時があります。

「タワー扇風機は本体内部の掃除ができず、ホコリやカビだらけになりますけど、それでも大丈夫ですか?

すると、

タワー扇風機のデメリットに全く気づいていない消費者

マジですか!?」

という反応をする方が非常に多いです。

そういう反応をされるという事は、

タワー扇風機に対する消費者の思い込み
  • 羽付き扇風機同様、内部まで、全て隈なく掃除ができると思い込んでいた
  • (掃除ができない)事実を知らされて、本人にとっては重大な話だった

という事でしょう。

逆に、もし仮に、

衛生面には気が回らない消費者

「省スペースさを重視し、風さえ回せられれば構わないんだ!」

という方は、僕の助言はありがた迷惑ですから、この記事を閉じて自由にすればいいです。

しかし、あなたもそうでしょうし、ほとんどの方は

一般家庭でタワー扇風機を使う状況

締め切った、つまり、十分に換気がなされない室内で使う

はずです。

なぜなら、タワー扇風機を使う時期は扇風機を必要とする時期ですから、十中八九、冷房も併用するはず。

すると、冷房の効きを保つために窓は締め切る訳です。

しかし、タワー扇風機は、

構造上、遠心力により、本体内部に室内の空気を巻き込んで風を送り出す
    ↓
すなわち、必ず、羽(=送風ファン)や内部構造を通って風が出てくる

仕組み。

当然、羽(=送風ファン)や内部構造が汚れていても風は得られますが、

悩ましいのが、どんどん内部構造にホコリやカビが蓄積されていき、次第に、室内に汚れを撒き散らかして広げてしまう事

です。

ここで言う「汚れ」とは、

タワー扇風機がもたらす汚れ
  • ホコリ,カビをはじめとしたハウスダスト
  • 室内の異臭,悪臭

です。

タワー扇風機がもたらしたホコリやカビを撒き散らかして部屋を汚してしまうだけでなく、

撒き散らかしたそれらを、そこにいるあなたが、否が応でも『呼吸』を通して吸い込み、体内に取り込まざるをえません!

特に、あなたあるいは家族が、

ハウスダストアレルギーをお持ちなら一大事

です!

あるいは、そうでなかったとしても、

例えば、食事をしている脇で回せば、ホコリに塗れた食事を食べる事になりかねません。

においに関しても同様です。

遠心力により巻き込んだ空気中のにおい分子も、どんどん内部構造に付着していくため、段々、もたらされる風が臭くなってきます。

こんな部屋でタワー扇風機を使うと最悪!
  • タバコをたくさん吸っている
  • ペットの匂いで悩まされている
  • 締め切った室内で焼肉をよくする

そのため、本来ならば、キレイな空気を循環させるためにも、羽(=送風ファン)や内部構造の掃除は欠かせません!

しかし、当然、構造上、送風ファン(「シロッコファン」)や内部構造が掃除できないという事は、

そこに、どんどん、ホコリやカビ,異臭,悪臭が付着・蓄積していく
      ↓

室内に、“ホコリやカビ、異臭・悪臭をばら撒く扇風機”と化す

訳です。

衛生的に考えて、それは健常者でも嫌だと思いますが、

アレルギー疾患や、あるいは、喘息をお持ちの方にとっては最悪

です。

ただでさえ、高温多湿でカビが生えやすい夏場に使うのが扇風機のため、よく考えるべきです!

では、次に、

なぜ、タワー扇風機の内部が掃除できないのか

を見ていきます。

タワー扇風機内部の掃除ができない理由|本体の分解ができないため

上の写真のように、円筒の形をしたものがタワー扇風機の羽(=送風ファン)です。

通称、「シロッコファン」と呼ばれています。

特徴は、円筒の形に加え、縦長の細長い板状の羽が、筒状に等間隔に敷き詰められている事です。

まるで、『小枝チョコ』を何本も敷き詰めているかのような構造です。

「シロッコ」の名の由来(説)

初夏にサハラ砂漠から吹き、地中海を越えてイタリアなどに到達する南風または南東風
     
それを、イタリアの気象用語では「シロッコ」と呼ぶ
     
シロッコファンの名の由来はここから来ていると言われている

本来、上の写真のように、本体を分解し丸洗いできればまだしもですが、

そもそも、ほとんどのタワー扇風機は分解する事すらできません!

分解できない理由、言い方を変えれば、メーカー側が分解させない理由は明確ではありませんが、

僕が考える理由は以下の通りです。

メーカーが、タワー扇風機本体を分解させない理由
  • 洗剤が流しきれずに残ると、かえって、カビの養分を増やしてしまう
  • アルカリ性洗剤をしっかりと洗い流し、仕上げにリンス剤で中和しないと、プラスチックパーツが破損する
  • シロッコファン向けの洗剤に直接触れると、肌割れを起こしてしまう
  • 誤って、電子パーツ部分に水や洗剤をかけてしまうと故障する恐れがある
  • 仮に分解できたとしても、戻す事ができなくなるパーツを破損させてしまう可能性がある(所有者の不注意により)

このうち、少し補足が必要だとすれば、①〜③でしょうか。(⑤は文言の通り)

洗剤が流しきれずに残ると、かえって、カビの養分を増やしてしまう

カビを増殖させる4要素として、

カビを増殖させる4要素
  • 温度
  • 湿度
  • ホコリ
  • 有機物

があります。

特に、

有機物は養分、つまり、カビのエサになるため、洗剤が残留してしまうと、かえってカビが増殖

してしまう訳です。

しかし、シロッコファンの場合、円筒形で、細長い羽が所狭しと敷き詰められている構造のため、

内部の洗剤までしっかりと洗い流す事はかなり骨が折れるでしょう。

洗剤選びを誤ると、プラスチック部品を破損させてしまう恐れがある

シロッコファンを洗浄する時は、アルカリ性洗剤だけで終えず、

洗い流しにリンス剤をセットで使う

のが本来です。

なぜなら、カビや菌にはアルカリ製洗剤を使うのですが、シロッコファンはプラスチック部品のため、

アルカリ性洗剤で洗浄しただけで終えては、シロッコファンがアルカリ性洗剤によって破損する恐れがあるため、

仕上げに、リンス剤を使って中和し、プラスチックの損傷を抑える訳です。

シロッコファン向けの洗剤に直接触れると、肌割れを起こしてしまう

シロッコファンを洗浄する向けの洗剤には、強力な濃度の薬剤が使われています。

そのため、通常はゴミ手袋をした状態で掃除しますが、

もし、

誤って素手で触ると、かゆみやかぶれなど肌荒れ

に繋がります。

完全に乾かさないと、本体内部の電子パーツ部に水が周り故障する可能性もある

対象物が乾いたかどうかの人の判断は、結構いい加減なものです。

  • 表面が乾いている
  • 水が垂れてこない

など、自分が確認できる限りで、

一般消費者が「乾いた」とみなす基準

もう、乾いた!」

と判断してしまう人が少なくありませんが、

円筒形で、細長い羽が所狭しと敷き詰められている通気性の悪い構造をしているシロッコファンの内部が、そんなに簡単に、完全に乾く事はありません。

ここまで見てきたように、

ほとんどのタワー扇風機は分解できないため、内部が掃除できない事が専らデメリットのように見えましたが、

仮に分解できたとしても、注意を要する様々なポイント

がありました。

そのため、ホコリやカビだらけになって不衛生になってしまうリスクよりも、

破損や故障に繋がりうるリスクの方に、メーカー側は重きを置いているのではないか?

そのため、“タワー扇風機は分解ができない”と考えるのが筋だと、僕は考えています。

タワー扇風機で掃除ができるのはせいぜい2箇所│しかし、これでは根本解決にはならない!

タワー扇風機で掃除ができる2箇所とは、

タワー扇風機で掃除ができる2箇所
  • 外側のプレフィルター
    (網戸みたいな目が荒いもの)
  • クロスや綿棒が届く所を拭いたり、エアダスターでホコリを吹き飛ばす

では、これも1つずつ見ていきます。

①)外側のプレフィルターの掃除ができるだけ

各社どのタワー扇風機も、室内の空気を取り込む吸入口の『プレフィルター』は取り外しが可能です。

エアコンフィルターをイメージ

してもらうといいです。

これに関しては、

唯一掃除ができる箇所|プレフィルター
  • 表面に付着したホコリを掃除機で吸う
  • 水で洗う

事ができます。

しかし、言い換えれば、掃除らしい掃除はこれしかできません。

それ以上のいわゆる内部が掃除できない事は、今まで説明してきた通りです。

②)あとは、せいぜい、クロスや綿棒が届く所を拭いたり、エアダスターでホコリを吹き飛ばすくらい

これは、もはや、“気休め”に過ぎません。

もちろん、やらないよりはいいですが、表面や手の届く所を拭くだけでは、

『内部の根本部分』が掃除できた事には全くならない
    
一向に風の衛生さは改善されず、ホコリ,カビ,異臭・悪臭は、引き続き巻き散らかされる!

という事になります。

経年的に内部構造に付着したホコリ,カビあるいは、異臭・悪臭を撒き散らかしてしまうのがオチ

こうして見てくると、タワー扇風機は何年も大切に使おうとする製品ではありません

タワー扇風機を購入後に後悔している利用者

出てくる風はカビ臭いし、中にホコリが溜まっているのが見えるけど掃除できないし、もう嫌だわ。捨てようかしら!」

と、衛生的に使い続けるのが不安になり、使い続ける事を早々に放棄する人が少なくありません。

正直、

  • ワンシーズン限り
  • 「今だけ使えたらいい」
  • 「汚くなったら捨てる」

のようなニーズしか満たせない非常にジャンクな製品です。

冷静に考えて嫌ですよね?

例えば、

タワー扇風機を自分の方に向けて涼みながら、気持ち良くご飯を食べているつもりが、ホコリやカビをバンバン飛ばしているなんて考えたら。

“衛生的に使えるかどうか?”を考える事は、涼む事よりも遥かに大事です。

【対比】確かに、羽つき扇風機の掃除は面倒臭い|それでも、各パーツを外して掃除できるだけ、タワー扇風機よりもよっぽどマシ!

確かに、羽つき扇風機の掃除は面倒臭いです。

しかし、ホコリやカビが蓄積していくのが認識できていながら、分解すらできず、衛生的に不安を抱きながら使い続けざるをえないタワー扇風機とどっちがいいですか

まぁ、これは聞くまでもないですよね(笑)

そのため、タワー扇風機が気になって検索したあなたも、また、大半の人も、

最後はなんだかんだ、従来の『羽つき扇風機』に帰りつきます。

これが、シャープ,パナソニック,三菱,日立など、

扇風機の大手メーカーがタワー扇風機をやらない理由の1つ

でしょう。

タワー扇風機で、せいぜい名が通ったメーカーは、『アイリスオーヤマ』くらいですが、

アイリスオーヤマは『OEM』で自社製造ではないため、製造から販売まで一貫してやっているタワー扇風機の有名メーカーはありません。

OEMを図にすると、下記の2パターンに分かれますが、アイリスオーヤマは、下の『委託者(=アイリスオーヤマ)』が商品を企画する場合に該当します。

SB Payment Service/OEMとは?メリットやデメリット、ODMとの違いを解説

なお、タワー扇風機カテゴリー全体で見た場合、大半のタワー扇風機は、中国のよく分からないメーカーで作ったチープ品です。

同一の工場で大量製造し、複数のメーカー名で販売している製品も少なくありません。

結局、衛生的に使い続けられるか?』の視点に立てば、タワー扇風機よりも羽つき扇風機に軍配が上がります。

しかし、

タワー扇風機がどうしても使いたい人

それでも、俺はタワー扇風機が使いたいんだ。プロなら、衛生的に使えるものを提案してくれよ!」

という人もいると思いますので、

最後に『衛生的に使えるタワー扇風機』の提案をします。

【提案】それでもタワー扇風機が使いたいなら、空気清浄機のダイソンTP03を専らタワー扇風機の意識で使う

ダイソン空気清浄機・TP03WS

ここまで説明してきたように、

タワー扇風機の難点・致命点
  • そもそも、タワー扇風機は分解できないのが諸悪の根源
  • ファンや内部構造がホコリ,カビだらけになってしまい、室内にホコリ,カビ、あるいは、付着した異臭・悪臭までも撒き散らしてしまう
    かえって健康を害しかねないから、“使わない方がいいとさえ言える

という事でした。

しかし、

見方を変えれば…
  • 内部構造の風路を完全に覆う形で身代わり汚れてくれる物があり、かつ、それが着脱交換可能ならば…
         
    いつまでも内部構造が衛生的に保たれる
         ↓
    ダイソンの空気清浄フィルターの存在
  • ホコリや臭いも除去した風がもたらされるため、当然、本体内部からもたらされる空気もいつでも衛生的
  • 結果として、部屋もきれいになる
         ↓
    部屋もきれいになって嬉しくない人はいない

これが実現可能な製品が、

タワー扇風機としても使えるダイソン空気清浄機

です。

では、まず、本来の製品の正しい理解から見てください。

ダイソン空気清浄機の正しい理解│吸い込んで清浄した風を“扇風機としても”使える空気清浄機

ダイソン空気清浄機の構造
ダイソン製品の正しい理解
  • ダイソン製品は一言で言えば“空気清浄機”
  • 扇風機は、副次的な役割

です。

上の写真のように、

吸い込んで清浄した風を水平にかつ回転させながら出せる(70度)ので、扇風機っぽいですよね?

そのため、この

排気,送風を平たく「扇風機」

と呼んでいます。

しかも、これは、シャープ,ダイキン,パナソニックなどの空気清浄機が出している風と役割は同じ!

ダイソン以外のほとんどの空気清浄機の排気方向

なぜなら、

空気清浄機の一動作の排気を『扇風機』

と言っているだけだからです。

ちなみに、

シャープ,ダイキン,パナソニックの空気清浄機の排気はハウスダストが漏れまくって汚いですが、ダイソンの風は空調業界での風として最も衛生的

です。

さて、話を戻しますが、

吸い込んで清浄した風を“扇風機としても”使える空気清浄機

という事で、本来の製品趣旨は空気清浄機がメインです。

しかし、今回は、

室内を“空気清浄する意識がなかったとしても専ら扇風機の意識で使おう

という提案です。

そして、今回提案するのは、数あるダイソン空気清浄機の中でも『TP03WS』という製品です。

衛生的なタワー扇風機目的で、TP03WSを提案する理由
  • ダイソン製品としては、価格が比較的手頃
  • 本体内の風路を完全に密閉性の高いフィルターが覆っている
    内部構造を汚さず、タワー扇風機利用者にもメリットは計り知れない
  • TP03WSを扇風機として使うだけで、部屋もどんどんきれいになっていくが、部屋がきれいになって嬉しくない人はいない

では、ポイントを簡単に解説します。

1)TP03WSは、ダイソン製品としては価格が比較的手頃

【TPシリーズの変遷】
【モデル【発売年】
旧型

TP03WS
2017年

TP04WSN
2019年
現行品

TP07WS
(標準モデル)
2021年

TP09NG
(上位モデル)
※オンライン限定
2023年

TP03WSは、現行モデルよりも2世代前のモデルです。

決して、当時の初版の売れ残り品ではなく、

ダイソン社は、TP03WSを低価格モデルと位置づけ、現在も生産・販売

しています。

現行品当時は6万円以上していましたが、今では当時の半値ほどで推移しているため、ダイソン製品としては価格が比較的手頃です。

2)内部構造を汚さず、タワー扇風機目的の利用者にもメリットは計り知れない|密閉性の高いフィルターがあるおかげ

TP03WSのフィルター構造

当記事の前半で説明した一般的なタワー扇風機は、

構造上、遠心力により、本体内部に室内の空気を巻き込んで風を送り出す
    ↓
すなわち、必ず、羽(=送風ファン)や内部構造を通って風が出てくる
    
しかし、掃除をしようにも衛生性を保とうにも、そもそも本体が分解できないから掃除以前の話
    
シロッコファンを始めとした『内部構造』がホコリ,カビ,異臭,悪臭で汚れていく一方

というように、衛生面に関しては、なす術なくという話でした。

しかし、TP03WSの場合、

TP03WSでは、フィルター以外の内部構造が一才汚れず

『内部構造(=風路)』を、完全に密閉性の高いフィルターが覆っている
    
そのため、フィルター以外の内部構造が汚れてしまう事が全くない!

しかも、

TP03WSの内部からは、フィルターを通ったハウスダストレベルの汚染物質は“全く”漏れてこないので、“日頃、性能を維持するためにメンテナンスをする”必要がありません!

それこそ、あなたが“気になった時だけ”本体表面に付着した指紋やホコリなどを拭くだけ!

マイクロファイバークロス

密閉性の高いフィルターがあるおかげで、ここまで日頃のメンテナンスが要らないタワー扇風機になりますし、いつまでも内部構造が汚れないため、それこそ、真に壊れるまで長く衛生的に使い続けられます。

3)TP03WSを扇風機として使うだけで、部屋もどんどんきれいになっていく

そして、使えば使う程、あなたが室内の空気の清浄をする意識があろうがなかろうが

ホコリ,ダニなどのハウスダストや臭いまでもが、着実に減っていくので、

“結果的に”室内の空気もきれいになっている

訳ですから、嬉しくない訳はないですよね!

なお、フィルターは交換が掃除のため、日頃は全くメンテナンスが不要です。

参考)ダイソン空気清浄機のフィルター交換に関する関連知識

扇風機として使っているだけのつもりが、知らず知らずのうちに室内がきれいになっていく理由

TP03WSが室内をきれいにしていく仕組み

ダイソンTP03WSは、

本体から強い気流を生み、室内を循環させながら、吸い戻された空気がフィルター部を通り清浄され、また、新たな気流となって室内を駆け巡ります。

こうして、

ダイソン空気清浄機の構造

『吸い込み→清浄→排気』をずっと繰り返す

結果、TP03WSは、1時間で最大26畳を均一に清浄する能力を備えています。

あなたも、既に1台は空気清浄機を持っているかもしれません。

そのため、最初は、専ら扇風機目的でTP03WSを使い始めれば結構ですが、

後々、他メーカーの空気清浄機よりも当機の方が性能が高い事を実感し、TP03WSを空気清浄機のメイン機として使っている事でしょう!

P.S.空気清浄機としての性能もダイソンがダントツ|日本の空気清浄機ユーザーは必読

【まとめ】室内の衛生や健康を害さずして“タワー扇風機を使いたい”なら、ダイソンTP03WSを使おう

当記事をここまで読み進めてくれたあなたは、もう、チープでジャンクなタワー扇風機には手を出さないと思います(笑)

そして、それが正しい感覚です。

しかし、それでは、羽つき扇風機を手放しで受け入れるかと言うと、難しい事情も多々あります。

羽つき扇風機の問題点
  • 羽つき扇風機の圧のある風が苦手
  • 設置に要するスペースの問題
    (台座の直径は35cm)
  • 野暮なフォルムが受け入れがたい
  • 分解・掃除ができるとは言え、かと言って、面倒な掃除はしたくない
  • 小さなお子さんやワンちゃんやネコちゃんがいて、羽つき扇風機は心配

そうして悩むようなら、是非、背中を押されたように、ダイソンTP03WSを使ってみてください。

ここに挙げた代表的な『羽つき扇風機に対する悩みは、全てクリアしているのがダイソンTP03WS

ダイソンTP03WSは、こちらから買えます

タワー扇風機目的に最適!使えば使う程、部屋もきれいに。
¥30,880 (2023/07/05 09:34時点 | Yahooショッピング調べ)
\ポイント最大9倍!/
楽天
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

今回は以上です。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

関連記事

まとめ記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次